なんで子どもを信じられるの?

信じられるとどんな気持ちになりますか?

 

「なぜ、そんなにも子どもが信じられるのですか?」

 

そんな質問をされたことがある。

 

「信じた結果、子供が非行に走ったら、どう責任を取るのですか?」

 

そう質問されたこともある。

 

 

僕の答えはひとつしかない。

 

「信じられている子は非行に走らない。

信じられている子は自ら命を絶ったりしない」

 

 

これが結論である。

思春期という子どもと山ほど出会ってきた。

 

 

信じられている子は伸びる。

信じられている子はまっすぐ育つ。

 

 

それが僕は知っているから、信じ抜くことができる。

 

 

 

視点を変えて話をしよう。

 

 

初めてのときって、

ドキドキする。

 

 

クラウドファンディングに挑戦したとき。

講演会を主催したとき。

完全招待制イベントを開催したとき。

 

 

どれもこれもそうなんだけど。

 

 

とにかく、

初めてのときってドキドキする。

 

 

未体験のときって、

ホントにホントに

大きな壁に見えるんだけど。

 

 

案外やってみると、

超巨大な壁に見えたことは、

低いハードルだったように感じる。

 

 

おもしろいものだ。

 

 

初めて行く場所は、

行きの道はとても遠く感じるのに、

帰り道はあっという間だったりする。

 

 

まあ、そんな感じだね。

「知っている」と「考える」をショートカットできる。

 

 

ちなみにこれ、経験から得たことだから、ショートカットしてもいいんだけどね。

昨今は、google先生に頼っちゃって、おかしなショートカットを作っちゃってるね。

 

 

おっと、また脱線!

 

 

 

で、僕はこれまで3000人以上の子どもたちに出会ってきた。

子育てなんて難しいものをレクチャーできるような経験はまだ僕には無い。

だって、マックス中1までだしね。

 

 

ただ、思春期の子どもたちをたくさん見てきた経験でお伝えするならば、子どもなんてほっといたって大人になるってことよ。

信じられてたらまっすぐに育つのよ。

 

 

あったかいご飯。

あったかいお布団。

あったかい家庭。

笑ってる家族。

 

 

それだけあったら十二分なのさ。

 

 

だって、みんなそうだったんだもん。

だから、信じられる。

 

 

その子を信じてるってのとは、ちょっと違うな。

人間ってものを信じてるんだ。

 

 

すべてはうまく行くようにできているんだよ。

 

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100のしつもん

「信じられる」とどんな気持ちになりますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。