「無理なくできていること」を大切にする。

ココ・シャネル

「あたしは何もかも剥ぎ取られ、死んでしまったの。それを12歳の時に経験したのよ」

大人になった彼女は、自身の子ども時代を振り返り、こう述懐します。

彼女の名は、ココ・シャネル。

言わずと知れた世界的ファッションデザイナーです。

 

 

彼女のお母さんは、家に居着かない夫のために、3人の女の子と2人の男の子を育てながら、必死に働きました。

そんな厳しい暮らしの中、結核を悪化させたお母さんは33歳の若さでこの世を去ります。

彼女がまだ12歳のときでした。

 

 

涙にくれる子どもたちをお父さんは馬車に乗せると、田舎町の孤児院へと連れて行きました。

精神分析家でシャネルの晩年の友人でもあったクロード・ドレは、「親に捨てられた」という事実と、生涯戦い続けたと言います。

 

 

彼女は、ここで意外な才能を発揮します。

孤児として割り当てられた粗末な制服を、自分なりの制服に作り変えてしまうのです。

こそこそ規則を破るのでもなく、形を大きく崩すのでもなく。

一目で、「他とは違う」と感じさせる着こなしだったそうです。

 

 

やがて、彼女はムーランの町にあった洋装店でお針子の助手として働き始めます。

周囲には騎兵隊の宿舎があって、パリッとした制服に身を包んだ将校たちが繕いにやってきました。

これらは、のちのシャネルスーツのデザインにも生かされたそうなのです。

 

 

そんな将校たちの中の一人にエチエンヌ・バルサンがいました。

恵まれなかった子ども時代を過ごし、馬が好きだったシャネル。

早くに両親を亡くし、その遺産を馬につぎ込み問題児とされていたバルサン。

話せば話すほど「似た者同士」であると感じたバルサンは、「自分の城へ来ないか?」と、彼女を誘います。

 

 

彼女は何もかも捨てて、たった一つのトランクでお城での生活を始めます。

ここでも彼女の才能が発揮れます。

当時の女性はコルセットをギュウギュウに締めて、いつだって長いスカートを履いていました。

だから、馬に乗るときも、横向きにしか乗れません。

 

 

彼女は乗馬ズボンを仕立て、飾りのないシンプルな上着と小さな蝶ネクタイを合わせました。

他の人とは違う「唯一無二」のスタイルで自分を表現してみせたのでした。

 

 

これらのコーディネートに欠かせないのは、ハンドメイドの小さな帽子でした。

一躍、彼女の帽子は女性たちの注目を集めることになります。

やがて、パリにシャネルの帽子屋さんが誕生しました。

 

 

僕らはついついがんばって、何かを身につけようとします。

けれど、「天才の種」は無理なくできていることの中に隠されているのです。

 

 

子どもの才能が花開く問いかけの魔法

無理なくできていることは何ですか?

 


【参考文献】

筑摩書房編集部 著

『ココ・シャネル』

(筑摩書店)