あなたは「経営者」?それとも「管理者」?

教室を『管理』すると、制御できなければ崩壊する

もっと楽になる『学級経営』

 

教室を『管理』しようとすると、教室が苦しくなります

教室を『経営』しようとすると、教室が楽しくなります。

 

 

ですが、『管理』している教室をよく見かけます。

 

いや、『管理』しようとして、『管理』しきれなくて、崩壊しかけている教室の方がよく見かけるかもしれません。

崩壊しかけている授業も、よく見かけます。

 

教室を『経営』しようとせず、『管理』しようとする。

僕もそんな先生でした。

 

叱って怒鳴って怖い顔して。

厳格な『ルール』をつくり、制御していく。

 

「どうだ!オレの指導力はすごいだろ!」

そんな時代が、たしかにありました。

あのころ、本当に教室が苦しかった。

僕も、子どもたちも。

 

ところが今、毎日がハッピーで、素敵な仲間と素敵な子どもたちに囲まれて暮らしています。

 

 

学級を『管理』することを手放し学級を『経営』することを始めたら、毎日が笑顔。

本当に幸せな日々。

 

担任の先生が『管理者』になってしまうと…

 

『管理』されている教室では、何が起きているのでしょうか。

 

先生が

「あ~しなさい!」

「こ~しなさい!」

右往左往。

 

発達に課題をもった子どもに手をかけている間に、他の子どもが今度は好き放題。

 

そちらに手をかければ、こちらが好き勝手。

 

そして、気がつけば学級崩壊

それで、先生は言うんです。

あの子のせいで、学級が荒れた

 

違うんです。

そうじゃないんです。

ハッピーな学級経営をすれば、どんな子どもたちも気持ちよく生きられるんです。

 

 

『管理』するというやり方は、一度制御できなくなると、その悪循環から抜け出せなくなります。

 

そう!

『管理』し切れなくなるんです。

 

 ハッピーな先生になるためのステップ

  『教室の管理者』ではなく、『教室の経営者』になる。

 
 
 
くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。