僕らの志事は「喜ばせゲーム」なの♪

学校の先生 教師

孔子の言葉から気づいたこと

先日、漢文の授業で、心に刺さる孔子の名言を紹介しよう!ということをやりました。

これがなかなかおもしろい。

2500年も前の人の教えが、今の世の中にもちゃんと通じるんですね。

 

で、子どもたちが紹介してくれた中で、僕の心に刺さったものがコチラ。

 

知之者不如好之者、好之者不如樂之者。

(これを知る者はこれを好む者に如かず。
 これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。)

 

知っている人よりね、それが好きな人。それが好きな人よりね、それを楽しんでいる人。

楽しんでいる人には敵わないよね〜♪という意味です。

 

教育について「わかってる!」って先生よりね、子どもと過ごすことが好きな先生の方がいいな。

子どもと過ごすことが好きな先生よりね、子どもと過ごすのを心から楽しんでいる先生がいいよね。

 

孔子先生、さすがです!!

 

楽しんでますか?先生という仕事を。

教室で過ごすことを楽しんでいますか?

教室に行くことに、ワクワクしていますか?

 

「先生って、楽しそうだよね」ってよく言われます。

はい!楽しんでます!

 

「ハァ〜、疲れた〜っ。仕事って辛いな〜」って顔、大人がしていたら子どもたちはどんな気持ちになるだろう?

大人になることに希望をもてるでしょうか。

「大人になるって素敵だよ」って伝えたいから、先生は生き生きと人生を楽しんでなきゃなって思うんです。

 

 

たとえば授業。

これ、よく驚かれるのですが、一年が終わると教材研究した授業ノート、全部処分します。

「え〜っ!もったいない!」って言われますが、僕はそうは思いません。

その授業ノートを使えば、たしかにうまくいくんです。

うまくいくのはわかっているけど、それじゃあ楽しくないんです。

攻略本読みながら、ドラクエやる気分です。

 

だから、全部捨ててしまう。

そして、今度はどんなアプローチでいこうかな〜って考える。

授業のつくり方は頭の中にあるので、苦労はしないし失敗もしないのですが。

「新しいアプローチで授業をつくる」

これ、僕にとってはワクワクすることなのです。

古いノートがあるとどうしてもそれに頼ってしまうんですよね。

 

楽しみ方は人それぞれ。

でもね、やっぱり思うんです。

心から「学校の先生」って仕事を楽しまないとなって。

 

「喜ばせゲーム」が仕事を志事に変える

「楽しい仕事」とか「つまらない仕事」とか、ないんです。

「仕事」は「仕事」です。

それを楽しいと感じている「私」がいる。

それをつまらないと感じている「私」がいる。

 

ただ、それだけ。

 

だから、「どうしたらこの仕事がおもしろくなるだろう?」って問いを立てたい。

僕ね、「学校の先生」って志事は「喜ばせゲーム」だと思っているの。

「1日に何人の人を喜ばせることができるだろう?」

そういうゲームだと思えば、仕事は志事に変わります。

 

同僚に配る資料には付箋をつけてメッセージを書いてみる。

先生の学習会とか企画してみる。

子どもたちのノートにはイラストを描いてみる。

鼻にセロテープをつけて、ブタ鼻にして職員室に来た子を笑わせる!

 

あっちで困っている子がいれば行って話を聞いてやり、こっちで困っている子がいれば行って手を貸してやり。

そういう先生に私はなりたい… by雨にも負けず♪

 

そうやって、楽しんでみる。

僕が出会った「ハッピーな先生たち」は、みんな子どもたちを喜ばせる天才でした。保護者を喜ばせる天才でした。

その才能、だれにだってあるんです。その才能に気づくだけでいいんです。

 

最後に、孔子の言葉をもう一つ。

「何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで、思わぬ力が発揮されるものなのだ」

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 「さぁ、今日はだれを喜ばせようか?」とワクワクしてみる。

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。