「ハッピーな先生」は「ハッピーな教室」の経営者

ハッピーな先生になるためには時間を投資していくことが大切です

なぜ『ハッピーな先生』になるためには時間が必要なのか

 

『ハッピーな先生』にとって、もっと重要な資産は『時間』です。

学級経営においても、

生徒指導においても、

学習指導においても同じ。

 

時間がないと焦りを生みます。

時間がないと手取り早く終わらせようとします。

時間がないとイライラします。

 

時間こそ財産です。

 

もちろん、『お仕事』だけではありません。

 

先生自身の

ワークライフバランスを実現し、

仕事もプライベートも充実させるためにも、

必要なのは『時間』です。

 

まさに、『時は金なり』。

「時間=資産」なのです。

 

お金は大事にするのに、

時間は無駄遣いする人の実に多いこと。

これからは、お金のように時間を大切にしてください。

 

 

時間を生み出すために、何をすべきか。

 

「時間=資源」はだれにでも平等です。

1日は24時間。

 

若手もベテランも、校長先生も教諭も一緒。

 

では、その資産を生み出すためにすべきことはなんでしょうか。


それはプレイングマネージャーをやめ、
経営者になることです。

 

授業経営者になり、
学級経営者になることです。

 

経営者になると、

時間という資産を「消費」するのではなく

未来のために「時間」を「投資」していくことになります。

 

 

 

なぜ、時間を投資するのか

 

経営者の仕事は
「仕組みをつくること」
「仕組みを動かすこと」
「応援してもらうこと」です。

 

未来の「ハッピーな教室」をつくるために、

時間を投資してこれらを生み出していく必要があります。

 

理想は、担任の先生がいなくても教室が機能していくことです
「仕組み」に投資することで、さらなる「時間=資産」を生み出します。

 

 

 

なぜ、新しい「時間=資産」が必要なのか。

 

新しく生まれた時間で、あなたは何をしますか。

 

本当に手をかけてあげるべき子に手をかけます。
ノートや生活日記へのコメントを増やすこともできるでしょう。

 

時間に余裕が生まれれば、

子どもたちの話にじっくりと耳を傾けてあげることもできます。

 

当然、その効果は、さらなる未来に表れます。

時間を生み出すことで、

より教育活動にレバレッジをかけることになります。

 

 

 

どうすれば、「ハッピーな教室」の経営者になれるのか。

 

もう一度書きます。

 

経営者の仕事は
「仕組みをつくること」
「仕組みを動かすこと」
「応援してもらうこと」です。

 

『ハッピーな先生のハッピーな教室』では、

その方法を詳しくお伝えしています。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 「ハッピーな教室」の経営者になる

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。