子どもとの接点になる大人こそ輝いてほしいのだ!

発問力研修

僕は「公務員」という安定を手放した。

そのことが他の人には、

かなり突飛な行動に見えるらしい。

 

 

でもね、

僕は公教育をあきらめたわけではないんです。

 

 

僕には僕にしかできないことがある。

学校現場でがんばってくれている仲間がいる。

ある者は現場で。

ある者は管理職として。

ある者は教育委員会で。

 

 

僕には僕にしかできないことがあり、

あなたにはあなたにしかできないことがある。

 

 

そういうことだと思うんです。

 

 

どちらが偉いとか、

どちらがすごいとか、

そんなことはないのです。

 

 

それぞれがやりたいこと、

できることをするだけなんです。

 

 

 

 

 

この夏、

一般財団法人しつもん財団主催

『発問力研修』の講師を務めさせていただきました。

 

 

あんなにもたくさんの「学校の先生」が、

学びに来てくれた。

それが何よりの喜びでした。

 

 

先生方はは、

この「発問力研修」に出たからといって、

出世ができるわけではありません。

何か資格がもらえるわけでもありません。

 

 

本当にシンプルな「学びたい」という気持ちです。

その思いに僕は胸がいっぱいになりました。

 

 

先生をやっていると、辛いことがいっぱいあります。

僕らには守秘義務がいっぱいあって、言えないことだらけです。

 

 

こんなにがんばっているのに。

こんなに心を削っているのに。

理解されないことなんて山ほどあります。

 

 

僕にもたくさんの苦しい時間がたくさんありました。

「発問力研修」では、少しだけそんな話をしました。

 

 

でも、今振り返れば、

あれがあったから、

今があるのだと思うのです。

 

 

僕の教員人生が順風満帆で、

何一つ壁にぶつかることなく、

「今日」という日を迎えたならば、

僕はあのころのままの「教員」です。

 

 

僕がちょっとだけ特別なのだとしたら、

それはそんなたくさんの

「かけがえのない経験」をしてきたからなんです。

 

 

僕は僕の人生を信じています。

だから、あなたの人生も、

それから子どもたちの人生も、

信じることができるのです。

 

 

すべての出来事には意味があって、

すべてはうまくいくようにできていて。

 

 

逃げ出してもいい。

投げ出してもいい。

でも、生きることをあきらめないでください。

 

 

僕は「学校の先生」を辞めた代わりに、

先生を応援する立場になりました。

 

 

「学校の先生」という仕事を16年間やってきた経験を生かして、学校に批判的な立場になる方が仕事は増えそうです(笑)

でもね、学校を批判するのなんて簡単です。

その「在り方」は、普通すぎて「つまんねえ」って思うわけです。

 

 

問題点を指摘すれば、いくらでも見つかります。

そういうの、くだらねーなと思うわけです。

 

 

やっぱね、その批判に対する対案を示して、アクション起こせなきゃ「つまんねーな」って思うわけです。

 

 

学校の仕組み自体は、経年劣化を起こしています。

時代に合わない部分もあります。

 

 

そもそも多様性の時代に、すべての子どもたち、そして保護者たちを満たすコンテンツを提供することは不可能に近いことです。

そうであっても先生の役割が終わることはありません。

 

 

今よりもっとカウンセラー的な要素が強まるでしょうし、業務内容もさらに授業以外のものが増えていくでしょう。

 

 

それでも、子どもたちとの接点となる「先生」という職業はなくならないでしょう。

だから、そんな先生を応援したいと思いました。

 

 

仕事を続けていてはできないことがあります。

手かせ足かせが多すぎますし、何より時間が足りません。

だから、僕は「安定」を手放し、「自由」を手に入れました。

 

 

そこに「優劣」も「良い悪い」も、「偉い、偉くない」もありません。

それぞれの役割があるのです。

 

 

「命を使う」と書いて「使命」です。

僕には僕の。

あなたにはあなたの。

使命があるのですから。

 

 

 

 
くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。