教育者はハイブリッドで行こう♪

教育はハイブリッドがいい

僕が僕であるために♪

僕は「何かの人」になりたくない。

今、『魔法の質問』に関わっています。

けれども、『魔法の質問の人』になろうとは思いません。

 

 

『魔法の質問』の素敵なところは、そういうことを強要されないことです。

認定講師やマスターになった人は、『魔法の質問』を名乗ってもいいし、名乗らなくてもいい。

その人がしたいようにすればいい。

 

 

僕はその感じがとても好きで、『魔法の質問』に関わっています。

 

 

 

僕は僕でありたい。

そういう思いが、常にありました。

 

 

属さない人でありたい

研究会に入っても、目の前の仕事は精一杯やるのですが、じゃあそこにどっぷり浸かろうかというと、そういう気持ちはありませんでした。

 

何かのコミュニテイに属する。

それに安心する人はいます。

 

でも、それぞれの世界には「こうでなければならない」が存在するんですね。

排他的になる。

囲い込む。

そういう部分が少なからずあります。

 

そういうのって「面倒臭いなぁ」と思うのです。

 

最初に勉強したのはTOSSでした。

自己流の授業から抜け出したかった僕にとって、TOSSのやり方はとても勉強になりました。

けれど、その世界にどっぷりハマることはありませんでした。

 

「TOSSではこうです」

「TOSSではああです」

と言われるたび、正直「メンドクセーな」と思ったんです。

 

「どーでもいいことは、どーでもいい」って言えた方が楽じゃね?って思うわけ。

だって、僕は僕だから。

 

こんなことを教わりました。

 

「はーい、じゃあ、教科書82ページを開きましょう」って言うでしょ。

あれはダメ。

 「教科書82ページ」って指示したら、さっと開くように教育するの。

一流の先生だと、「82」って言えば、さっと開くの。

すごいでしょ?

 

なんだそれ?

 

いや、すごくねーし。

って言うか、どうでもいいし。

 

そう思いました。

口には出しませんが…。

良い部分は良いけど、どーでもいいところはどーでもいいんだよね。

 

 

「こうでなければならない」はメンドーじゃ!

何かのコミュニテイに属すると、「それは素晴らしくて、他はダメ」みたいになる。

そういうのは、面倒臭いなって思うのです。

 

世の中にはいろんな手法がある。

いろんな教育スタイルがある。

それぞれの教育を否定はしない。

ただね、それしかダメ!みたいに言われると、ちょっと面倒くさいんだよね。

 

 

それよりもね、それぞれの良いところを取り入れる。

いろんな教育に触れる。

良いところを吸収する。

それがおもしろいじゃん、って思うわけ。

 

100人いれば100通り。

1000人いれば1000通りの子育てがあって、教育があって。

そんなの子どもありきだから。

何一つ正解なんてないの。

 

まして、ここ日本はね、世界って視点で見れば、独特の文化をもった国。

他国の教育をそのまま持ち込んだって、なかなかうまくいかないんだよね。

 

ハイブリッドで行こう!

だから、ハイブリッドがいいと思うんだ。

教育者は、もっとスポンジのようでありたい。

教育はハイブリッドがいいんだよ。

 

常にいろんなものを貪欲に受け入れながら、バージョンアップさせていく。

だって、それこそが日本の日本らしいところじゃない?

 

引き出しの中にたくさんコンテンツをもっておいてね。

子どもたち見ながら、コンテンツを選ぶんだな。

 

 

教育者が教育の道を極めようとすれば、必然的にそうなると思うのだ。

何かに属して、それを広めるのも悪くはない。

でも、それじゃ教育の道は極められないと思うんだよね。

 

だって万能なものなんてないんだもん。

これ、まさに教育道なわけ。

んでもって、この道に終わりはないじゃない?

 

だから、ゴールなんてないのよ。

そう考えているから、広めよう的な発想がないんだよね。

 

子どもをよく見るでしょ?

圧倒的に学ぶでしょ?

圧倒的に実践するでしょ?

 

その繰り返し、繰り返し。

教育者ってのはさ、「自分自身を教育すること」に長けてなきゃなって思うのさ。

 

 

「こうでなければならない」を手放して、しなやかに変化していく。

そんな柔軟さが必要だと思うんだよなぁ。

教育なんてさ、ハイブリッドがいいんだよ。

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

どんなことを学びますか? 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。