活気のない教室の作り方


1年ぶりに上海に帰ってきました。

 

上海で暮らした3年間。

それは価値観を揺さぶられる時間でした。

 

 

日本の常識は、ここでは常識ではありません。

「えっ!なにそれ!」って感じるたび、

「これは日本の中だけの常識なんだな」と気づかされました。

 

 

そんなことに毎日出会う。

それが上海という街でした。

 

 

ところが、です。

久しぶりの上海はどこか違います。

 

 

ルールが行き届いているのです。

以前は、地下鉄に乗るとき降りる人より先に人が乗ってきました。

ですから、人を押しのけて降りないと、降りられませんでした。

 

 

それがどうでしょう。

ちゃんと降りる人を待ってから乗ってきます。

 

 

横断歩道を渡るとき、車が優先でした。

いつもヒヤヒヤしながら道路を渡ります。

 

 

それがどうでしょう。

車がちゃんと停まるのです。

 

 

聞けば法改正があり、停まらないと罰金なのだとか。

ちゃんと交差点にカメラが取り付けられ、道路をチェックしているそうなのです。

 

 

そうそう。

相変わらず路上でタバコ吸っている人はたくさんいるのですが、ちゃんと灰皿にタバコを捨てているおじさんを見かけました。

驚きです。

 

 

ただ、それと引き換えに、なんだか昔の活気が失われた感じがしたのは皮肉なものです。

 

 

エネルギッシュな上海。

みんなそれぞれ、好きな色の服を纏います。

ですから、けっこう派手な色合いなんですね。

 

 

でも、久しぶりの上海は、地味な色合いが目立ちました。

ユニクロっぽい…。

それは、少しだけ日本の風景に似ていました。

 

 

 

ルールを厳格化するほどに、人は活気を失うのかもしれません。

 

 

 

ルールがあることを否定するつもりはありません。

それによって、社会はスムーズに回っていきます。

 

 

それと同時に、「自分がどうしたいか」よりも「ルールに合っているか」を考えて行動するようになります。

それは自分軸ではなく他人軸で行動することにつながります。

 

 

他者を思いやるという日本の文化。

まず、自分はどうしたいのかを大切にする中国の文化。

 

 

どちらが良いとか、悪いとか。

そういうことはないのです。

 

 

ただ、思う。

厳格にルールを設けるほど、僕らは活気を失うのかもしれないと。

 

 

ある学校に赴任したら、ルールだらけで、「こんなに覚えられません」と伝えたことがありました。

どこか活気がなく、ロボットみたいな子どもがいました。

 

 

ルールでガチガチに固めて子どもたちを管理する。

すると、一見きちんと学級経営していように見えます。

 

 

でも、間違えないでください。

先生のお仕事は、子どものエネルギーを引き出し、主体的に生きられる子どもを育てることにあるのです。

厳格であること、管理することが指導力ではないのです。

 

 

「ルールなんていらない!」と言っているのではありません。

何事もバランスが重要なのですよ。

 

 

魔法の質問

あなたを縛りつけているものは何ですか?

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。