活気のない教室の作り方


1年ぶりに上海に帰ってきました。

 

上海で暮らした3年間。

それは価値観を揺さぶられる時間でした。

 

 

日本の常識は、ここでは常識ではありません。

「えっ!なにそれ!」って感じるたび、

「これは日本の中だけの常識なんだな」と気づかされました。

 

 

そんなことに毎日出会う。

それが上海という街でした。

 

 

ところが、です。

久しぶりの上海はどこか違います。

 

 

ルールが行き届いているのです。

以前は、地下鉄に乗るとき降りる人より先に人が乗ってきました。

ですから、人を押しのけて降りないと、降りられませんでした。

 

 

それがどうでしょう。

ちゃんと降りる人を待ってから乗ってきます。

 

 

横断歩道を渡るとき、車が優先でした。

いつもヒヤヒヤしながら道路を渡ります。

 

 

それがどうでしょう。

車がちゃんと停まるのです。

 

 

聞けば法改正があり、停まらないと罰金なのだとか。

ちゃんと交差点にカメラが取り付けられ、道路をチェックしているそうなのです。

 

 

そうそう。

相変わらず路上でタバコ吸っている人はたくさんいるのですが、ちゃんと灰皿にタバコを捨てているおじさんを見かけました。

驚きです。

 

 

ただ、それと引き換えに、なんだか昔の活気が失われた感じがしたのは皮肉なものです。

 

 

エネルギッシュな上海。

みんなそれぞれ、好きな色の服を纏います。

ですから、けっこう派手な色合いなんですね。

 

 

でも、久しぶりの上海は、地味な色合いが目立ちました。

ユニクロっぽい…。

それは、少しだけ日本の風景に似ていました。

 

 

 

ルールを厳格化するほどに、人は活気を失うのかもしれません。

 

 

 

ルールがあることを否定するつもりはありません。

それによって、社会はスムーズに回っていきます。

 

 

それと同時に、「自分がどうしたいか」よりも「ルールに合っているか」を考えて行動するようになります。

それは自分軸ではなく他人軸で行動することにつながります。

 

 

他者を思いやるという日本の文化。

まず、自分はどうしたいのかを大切にする中国の文化。

 

 

どちらが良いとか、悪いとか。

そういうことはないのです。

 

 

ただ、思う。

厳格にルールを設けるほど、僕らは活気を失うのかもしれないと。

 

 

ある学校に赴任したら、ルールだらけで、「こんなに覚えられません」と伝えたことがありました。

どこか活気がなく、ロボットみたいな子どもがいました。

 

 

ルールでガチガチに固めて子どもたちを管理する。

すると、一見きちんと学級経営していように見えます。

 

 

でも、間違えないでください。

先生のお仕事は、子どものエネルギーを引き出し、主体的に生きられる子どもを育てることにあるのです。

厳格であること、管理することが指導力ではないのです。

 

 

「ルールなんていらない!」と言っているのではありません。

何事もバランスが重要なのですよ。

 

 

魔法の質問

あなたを縛りつけているものは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。