なぜ校則で下着の色まで指定するのか


学校のルール、いわゆる校則にはおかしなものがあります。

TikTokに動画をアップしたのですが、「下着の色まで指定するのはやりすぎでは?」ということに対する僕の見解を動画にしてみました。

 

TiKTok動画『なぜ下着の色まで指定する校則があるのか』

校則ってね、そのルールがなぜ生まれたのか。

その背景を理解したうえで運用していくのが大事なんです。

 

 

でも、多くの先生はそれを忘れています。

ルールだから叱る、ということをやりがちです。

 

 

なぜそれはいけないのか。

なぜそのルールが生まれたのか。

そのことを無視して、「ルールだから守らなければならない」という凝り固まった意識で生徒指導をします。

 

 

だから、子どもとぶつかるし、世間から批判されるんです。

ツーブロックなんてその典型です。

 

 

ツーブロックのどこがいけないのか。

そういうことはすっ飛ばして、「ツーブロックはいけないと決まっているからいけない」となってしまうんですね。

 

 

「理由は知りません。そう決まっているから指導しているのです」

 

 

そんな感じです。

 

 

昔、縮毛強制、いわゆるストレートパーマが生徒指導で話題になりました。

まー、ホントに強い天然パーマの女の子がいてね、その子がストレートパーマをかけて真っ直ぐにしたいと言うんです。

 

 

それが嫌で不登校になったり、友達にいじめられたり、自信をなくしたりするぐらいなら、ストパぐらいよくね?と僕なんかは思うわけです。

 

 

でもね、答えはノーでした。

ストレートパーマもパーマだから、校則に違反していると言うのです。

あれ?馬鹿なのかな?

この人たち、馬鹿なのかな?

と思いました。

 

 

 

いやいやいやいや。

そうじゃねーだろ?

中身見て、是々非々で対応するのが、血の通った人間のやる仕事だろうが、と思いましたが。

その頃の僕にはそれを覆すだけの力がありませんでした。

 

 

 

年を重ね、それなりの立場を得てからも、生徒指導の方針ではよく古参の人たちとぶつかりました。

 

 

それでよく言われたんです。

 

「なんで変えようとするの?」って。

 

 

いやいやいやいや。

変えようとしてるんじゃね〜って。

時代に合わない古いルールだから見直そうぜって言ってんの。

わかんない?

わかんないよね?

だって、馬鹿だもんね?

 

 

…と10年も過ぎた頃には校長だろうと、50代のベテランだろうと、なんなら教育委員会の指導主事だろうと、「こいつ、バカだな」と思ったら「ねえ、馬鹿なの?」と言ってしまう人間だったので、こういうくだらない話はバチバチぶつかりました。

 

以前、髪型の指導で俺はOKしてるのに、他学年の先生がですね、「それはダメだ」と指導しましてね、「先生、なんで?」って質問に来たわけよ。

 

 

それでその先生に尋ねたのね。

「何がいけないの?」って。

 

 

そしたら、こう言われたの。

「先生、生徒手帳に中学生らしい髪型って書いてあるじゃないですか?」って。

 

 

えっ?で?

 

「あの髪型は私から見て中学生らしくないから注意しました」って言うのよ。

まー当然、揉めるよね。

なんだよ、中学生らしい髪型って。

 

 

そんな話をしたら、「先生を何年もやってたらわかるじゃないですか?中学生らしい髪型ぐらい」って言われてね。

ぶっ飛ばしてやろうかと思ったけれど、僕は平和主義者で品行方正だからね。

そんなことはしない。

 

 

「もういいや。お前、俺の学年の生徒に口出すなや。この学年のルールは俺だから」って。

いや、もう、組織人としてダメなのはわかりますよ。

 

 

一従業員としては、従順にルールを守ってですね、足並みを揃えるべきなんでしょ。

わかります、わかります。

 

 

でもね。

でもですよ。

あまりにも頭が悪い!!

 

 

いや、言っとくけど、俺は力づくでルールを守らせることもできる人間よ。

「ダメなものはダメ」って切り捨てて、保護者から問い合わせがあっても突っぱねるぐらい余裕っすよ。

 

 

でもね、そんなことしてこんなわけのわかんないルール押し通して、子どもと保護者との関係を打ち壊して何になるのよ?って思ったのね。

 

 

「ルールだからダメ」じゃなくてさ、マジで時代に合わせてアップデートしていく必要があるんだと思うよ。

じゃないとさ、「理不尽だー」って思われて関係性を壊すだけじゃん?

 

 

別に「何でもOKにしろ」って話じゃないの。

アップデートしろよ、って話ね。

 

 

で、生徒の下着の色を指定する校則のお話ね。

たぶんそれを作られた背景があるのよ。

派手な下着で着て、指導しても従わなくて、「ルールにないじゃん!」みたいな流れがあったんだろうなって想像がつく。

 

あと、大昔から改訂されてないんだろうね。

昭和っぽいもんね。

 

 

だからさ、現代の事情に合わせて見直せばいいんだよ。

ぶっちゃけそんなルール作って、指導しなきゃいけない方が面倒くさいじゃん?

 

 

俺、よく「ルールを増やそう」とする先生を見ると、それはやめろと言ってたもん。

ルールを増やすと指導することが増えるのよ。

 

 

ルールがなかったら指導しなくてもよかったものが、ルールがあると注意しなきゃいけなくなるでしょ?

 

 

例えばの話、下着なんて白でもベージュでも何でもいいじゃん?

たださ、真っ赤とかで透けてたら、「お前、それはないだろ?」って話ができる人間関係だけあればいいんだわ。

 

俺は今まで、そんな下着の色指定している学校に赴任したことはないけどさ。

注意したことはあるぞ。

 

「お前、もうちょっと考えろや!」って。

 

 

「先生、エッチー!」とか言われながら、「馬鹿か、お前」って。

笑いながらのやりとりだけどね。

 

「とりあえず今日はジャージはおっとけ」って具合に話すことはあるよね。

 

 

いや、つまり、コミュニケーション取れる人間関係があったら、ルールなんてなくてもいいんだよね。

ルールで縛らなきゃいけないのは、ルールがないと指導できない人間関係にあるんだわ。

 

 

 

マジで、結局人間関係なんよ。

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。