「茶髪は個性か?」という問題


引き続き、校則の話をしよう。

 

髪型は自由がいい。

その方が個性的だ、

と言う話を耳にした。。

 

 

ホントにそうなのか?

髪型を変えたり、

髪の色を変えることは、

個性なのか。

 

 

そんな話をしよう。

 

 

 

髪型なんてものは

自己主張の一種であって、

個性ではないんじゃないか?

 

 

僕はそう思うのよ。

 

 

 

個性って何よ?って話なのだ。

 

 

たとえば、

僕が今から金髪にするじゃん?

 

 

そしたら、

僕は個性的になるのか?

 

 

黒髪は個性的じゃなくて、

金髪になったら個性的なのか?

 

 

ってことは、

隣にもう1人、

金髪の子が来たら、

そいつと僕は同じ個性なのか?

 

 

なあなあ?

個性って何よ?

 

 

テレビのコメンテーターが、

さもわかったような顔をする。

 

 

「学校の先生は古い」と言う。

 

 

でもさ、思うのよ。

個性って、そういうもんじゃねーぞ!って。

 

 

髪型がどうの。

髪の色がどうの。

そういう、

外から手を加えられるようなものは

個性じゃねーんじゃねーか?

 

 

内側から溢れ出す、

あなたらしさ。

 

 

それが個性だろ?

そして、そいつを発揮しやすい場所が学校だよ。

 

 

いろんなやつがいる。

変わったヤツもいるし、

とんがったやつもいる。

 

 

そういう中で、

いろんなやつと接して、

「自分とは何か」を知る。

 

 

そういう中で個性って生まれると思うんだよ。

 

 

「個性的」って言うじゃん?

でもさ、「個性的」ってのは、あくまでも「的」じゃん?

 

 

例えば、だよ。

「ラーメン的な食べ物」ってどうよ?

ラーメンみたいだけどラーメンじゃないよね。

 

 

「いかにも日本人的考え方」ってのはどうよ?

日本人ぽい考え方だよね。

 

 

「的」は「ぽい」なのよ。

つまりさ、「個性的」ってのは「個性っぽい」んだよね。

そんなの個性じゃねーの。

 

 

 

学校は「社会の縮図」だよ。

 

 

ここで、社会を学ぶの。

理不尽も学ぶの。

この荒波の中で個性を磨くの。

自分とは何かを知るの。

 

 

髪型を個性とか言っちゃうバカが教育を語るなよ、って俺は思う。

個性的な意見で、ごめんよ♡ 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。