心に響くことに集中する。


あなたには勝ちパターンがあるだろうか。

仕事にはサクサク進むときと、遅々として進まないときがある。

この違いは何か。

 

 

これは僕の場合なんだけど。

 

 

僕の企画は、人任せにするとなかなか進まない。

結局、自分が先頭に立って動かないと進んで行かないのだ。

 

 

 

これが勝ちパターンだと気づいた。

任せるところは任せるのだけれど、イニシアチブは僕が取る。

これが、仕事がサクサク進むパターンなのだ。

 

 

ここまで、いくつかのボツになった企画がある。

ことごとく人に頼まれた企画で、やる気になったのに、ハシゴを外されてキャンセルになっている。

 

 

そう。

頼まれて仕方なくやってる仕事は、絶対にうまく行かない。

 

 

これが負けパターン。

 

 

 

それに気づいてからは、「やりたいか、やりたくないか」を必ず自分に問いかけるようにしている。

ちなみに、「儲かるか、儲からないか」という視点でビジネスを考えたときも負けパターン。

 

 

僕の場合、「心からやりたい!」と思ったことだけしかうまく行かないことがわかっている。

 

 

思うに、教員時代だってそうだった。

心から「それおもしろそうじゃん!」って思えた仕事はサクサク進むのに、主任さんに「手伝ってあげてもらえる?」なんて言われて渋々やった仕事は、イマイチな結果ばかりだった。

 

 

そこから導き出した答えはこうだ!

 

 

心が「やりたい!」と叫んでいる仕事に集中すること。

ハッキリ言うと、「職業=オレ」ってのは、超ブラック企業だ。

目が覚めてから、寝るまで勤務時間だ。

ず〜〜〜〜っと仕事をしている。

 

 

 

だが、苦しくなんてない。

やりたいことをやっているだけだから。

 

 

 

言ってみれば、「遊び」と「仕事」の間に境界線がないのだ。

こうやって働けば、当然仕事の効率はいい。

 

 

勝ちパターンをもつこと。

ここ最近、「不安」について書いてきた。

 

 

 

思うに「不安」を、手放すことは難しい。

ただ思う。

人生は常に活路を見い出していくものだ。

 

 

そして、その活路は「勝ちパターン」に乗ることで見い出して行くことが可能だ。

 

 

今日という日もまた、僕らは「死」に一歩ずつ近づいている。

時間は有限である。

その限られた命で何を為すのか。

 

 

それが生きることの醍醐味だと思っている。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。