なぜあの人は私の思った通りに動いてくれないのだろう?

くればやし ひろあき

人は自分の思ったようには動かない。

子どもは親の思うようには育たない。

基本的には「他人」をどうこうすることはできなくて、

変えられるのは自分だけ、だったりする。

 

 

僕のところに届く相談の9割は、「誰かを何とかしたい」という相談だ。

 

ウチの旦那は…。

ウチの子は…。

義理の母が…。

実家の母が…。

学校の先生が…。

 

 

もう、とにかく「周囲の誰か」をなんとかしたい人であふれている。

僕にはその気持ちがどうもよくわからない。

 

 

他人なんで、どうこうすることはできない。

変えられるのは自分だけだ。

 

 

ところが、ほとんどの大人は、その「変えられる」はずの自分すら変えられないでいる。

勇気がない、お金がない、自信がない。

やりたいことがあっても二の足を踏む。

失敗を恐れて踏み出さない。

 

 

決意はだいたい三日坊主だし、

ダイエットは基本的に明日から始まる。

 

 

それなのに、なぜか他人だけは変えられると思っていて、他人を変えようと必死になる。

ところがどうして。

言うまでもないことだけど、僕らは他人に変えられるなんてのは本当に嫌なことだ。

 

 

そもそも人間は変わりたくない生き物で、

よほど意志が強くないと変えられない。

変わるのは、本人の強い意志なのである。

 

 

だから、ほとんどの人は変わらないし、変えられないわけだけど、悩み多き大人たちは自分のことは差し置いて、他人だけは変えられると信じている。

だから、変わらない人たちに怒りを感じ、その感情をメールに載せて、僕にぶつけてくる。

 

 

いやはや、迷惑この上ない。

だから、何度も言ってるじゃん?

変えられないよ、って。

 

 

それよりも簡単に変えられるのは自分自身なのだ。

自分の「ものの見方や考え方」を変えた方が、よほど簡単に変えられる。

 

 

「こんな働き方、いやだ!」と言って会社を変えようとして、変わらない職場を嘆いている人もいるけれど、今の職場を変えるより、自分が勤める場所を変えるほどがよほど早いわけでして。

僕なんかはいつもそんなことばかり考えている。

 

 

誰かを変えようなんて思わない方がいいんだよ。

疲れちゃうもん。

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。