講師にとって大切なことは、難しいことをわかりやすく伝える力


ググってヒットしたサイトが、難解な言葉で書かれていてよくわからなかったらどうしますか?

2秒で閉じますよね。

 

 

これが今の世界です。

 

書物を紐解くことでした知識にアクセスできなかった時代には、博識であることは価値でした。

今や「知識」は記憶しなくても、スマートフォンの中に無限に蓄積されているんです。

 

 

知識量よりも検索技術の方が、情報にアクセスするためには重要なんですね。

ところがこれ、一昔前は「わかりにくい」に価値があった時代もあったんですね。

 

 

これまでの時代は、難しいことを知っていると、それだけで尊敬の対象でした。

たくさんの「知識」は、よく勉強していることの証でした。

 

 

「こんなことも知らないの?」

でマウントが取れたのです。

 

 

ところが今は、「わかりやすい」には価値があり、「わかりにくい」には価値がない。

そんな時代を私たちは生きています。

 

 

「今」という時代は、ググれば一瞬で答えに辿り着くことができる時代です。

ググれば出てくる情報に商品価値はなく、ググれば出てくる情報をまとめて体系化し、さらに他者が必要としている形にパッケージングできてこそ、商品になります。

 

 

つまり、「知識」や「情報」をどこまで深く理解しているか。

ここか重要なわけです。

 

 

わかりやすく、簡単な伝えられるほど理解している。

そして、誰にでもわかる言葉で伝える。

これが大事なのです。

 

 

そして、そんなサイトは山のようにあります。

「ググれば出てくる答え」がたくさんある時代なんですね。

 

 

一昔前は、難しい言葉を並べれば、なんだか「すごい人」に見えました。

「へえ〜っ、物知り」

「うわあ、博識」

「よく勉強してるな〜」

となったんです。

 

 

何を話しているかはわからないけど、なんか良いことを話してるんだろうな。

そんな感覚で話を聞くことができました。

 

 

難しいことを話していたら、それだけで尊敬される、という時代でした。

今は「難しい話」は、「じゃあ、ググるからいいや」って聞き流されてしまうんです。

 

 

「答え」に一瞬でアクセスできる時代とはそういう時代です。

 

 

だからこそ、いかに誰にでもわかる言葉で、わかりやすく伝えるか。

小学生にも伝わる伝え方で伝えていく。

私たちのような講師は、こういうことを意識する必要があるでしょう。

 

 

世の中には難解なことがたくさんあります。

この「難解なこと」をいかにわかりやすく伝えるか。

これが、これからの時代に求められる力なんですね。

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。