夫婦って何だろね?

妻にどんなサプライズを用意しますか?

家事は24時間営業の年中無休です。

家事は日々の営みであり、滞れば暮らしが落ち着かなくなります。

 

 

洗濯物をしなければ、服は薄汚れていき、臭いを放ちます。

掃除をしなければ、部屋は埃にまみれ、健康にも害を与えます。

ゴミを捨てなければゴミ屋敷。

料理をせず外食が続くことは、決して身体に優しいとは言えません。

 

 

日々を丁寧に生きる。

そんな暮らしが、僕らの心と身体に本当の意味での「豊かさ」をもたらします。

 

 

「学校の先生」という職業は、様々な家庭の姿を垣間見ることができます。

台所には洗い物がたまり、部屋を開けた瞬間に異臭を放つ家庭もあります。

家具などはなく、そこら中にダンボールが散乱し…。

そのような家庭環境では、健全な成長を期待することは酷というものです。

 

 

日々の暮らしを支えるのが家事というもの。

ところが、この国では家事に対する評価は大変低いものです。

 

 

「やって当たり前」

そんな空気があります。

 

 

男性の中には「俺が食わせてやっている」

「誰のおかげで飯が食えているんだ」

なんておっしゃる方もいるわけです。

 

 

お金を稼ぐことは尊く、家事を切り盛りすることはそうではない。

そんな価値観です。

 

 

女性の社会進出を促してきました。

それが、あたかも「日々の暮らしを支えること」よりも「社会に出ること」の方が価値があると錯覚させているのだとしたら、残念でなりません。

 

 

そもそも、「男性は外で働き、女性は家庭を守る」なんていう価値観はもはや化石のようなものでしょう。

 

 

女性の社会進出を促したならば、男性の家庭進出も促すべきであると思います。

家事には休業日も給料日もありません。

家族が労わねば、だれが労うのでしょうか。

 

 

「分かち合う」

そんな心持ちが必要ではないでしょうか。

 

 

常に感謝とともにありたいですし、男性もできることをどんどんやっていくのがいいでしょう。

 

 

そもそも…。

「俺が外で稼いできてやってんだ!」ってことを男性の存在理由にした場合、定年退職後、男性の価値はゼロになります。

 

 

熟年離婚などという言葉を耳にして久しくなります。

高齢で離婚した場合、日々の暮らしを丁寧に生きてきた女性は、「旦那様」という手のかかる人間を手放し、さらに快適に生きられるわけです。

一方、男性は食事すらままならず、そのときになって初めて妻のありがたみを知ることになるのです。

 

 

肩書きを失った男性と自由になった女性。

残された人生は、どちらが豊かでしょうか。

 

 

男として肝に命じておかねばなりません。

パートナーに捨てられないようにしよう♡

 

 

素敵なパートナーシップを育むしつもん

妻にどんなサプライズを用意しますか?

 

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。