スイミングスクールに入れたいのですが問題

スイミングスクール

 

スイミングスクールに入れたいって親も多いみたいよ。

僕も子どものころ、スイミングスクールに通ってた。

 

 

すごく嫌だったなぁ。

あんな長い距離、何本も泳がされて、あたしゃ苦痛だったよ。

 

 

でね、よくスイミングスクールに入れたいって親が口にする言葉がさ、

「いざというとき、溺れたときに泳げるように」なんだよね。

 

 

 

でもさ、よ〜く考えてみて。

泳げないやつが溺れるシチュエーションって、どんなとき?

 

 

川で流される?

ちょっと待って。

 

泳げないやつは、たぶん流されるほど流れのある川には近づかないと思うよ。

溺れている人を助けに行って流されるのは、決まって「泳げる人」だもん。

 

 

海に落ちたら?

ちょっと待って。

救命胴衣もつけずに、海に落ちる局面って、どんな状況よ?

 

 

その心配、ちょっと意味不明だよなって思うわけ。

っていうか、それ「スイミングに行かせたい自分」にOK出すための言い訳でしょ?

 

 

 

そもそもあれだ。

スイミングスクールに入らなくても泳げる子どもはたくさんいるよ。

中学校の体育をのぞいてごらん。

 

 

けっこうみんな泳げているよな。

体育の授業って大事。

 

 

 

上海じゃプールの授業がないらしくて、けっこう泳げない中国人が多いんだよね。

あと、リッツカールトンのプールで、ブリーフ一丁で泳ぐおっさんとかもいたよ…。

たぶん、プールに入るときのマナーみたいなものを習わないとわかんないってのもあるのかもね。

 

 

 

そんなわけで、子どもがスイミングスクールに入りたいなら入ればいいし、入りたくないなら入らなくてもいいんじゃない?

 

 

 

とりあえず、泳げない子どもが水場に近づいたらライフジャケット必須な。

 

 

 

そしたら、あなたの不安は解消されるから。

絶対溺れないから安心してね。

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。