なんだって選べる時代だぜ♪

旅をするように生きる人

自分を取り巻く世界は、自分の選択の結果でしかありません。

だから、「選ぶ」って、とっても大事。

 

 

どんな仕事をするか。

どんな働き方をするのか。

それだって選べるんです。

 

 

昨日はね、「移住セミナー」なるものに行ってきました。

僕の中で「日本で暮らす理由」があまり見当たらないんですよね。

それは、上海で暮らした経験があるからかもしれません。

 

 

地震が起こり、台風が通過し、隣国からミサイルが飛んでくる。

そのうえ、原発がたくさんある。

なんかいろいろ大変な国だな〜って思うわけです。

 

 

そのうえ、花粉症です。

花粉症、ヤバいです。

 

 

上海では、まったく花粉症になりませんでした。

帰国した日。

飛行機が成田空港に着陸した瞬間、

「ハ〜っくしょン!!」

 

 

やべぇ!日本、やべぇよ!

僕は、原発より、ミサイルより、花粉症が辛い!

 

 

そんなわけで、僕にとって日本は、「住むところとしてはどうなの?」みたいなところがあります。

それで今、住むならどこの国がいいかな?みたいな視点で海外を旅しております。

 

 

実際に移住するかは別のお話としても、これからは「暮らす国」すら選べるということは押さえておきたいと思います。

働き方が変われば、暮らし方も変わります。

暮らし方が変われば、生き方も変わるわけです。

 

 

制限を外して物事と向き合うと、見える世界が変わります。

 

 

「なんでもできるとしたら?」

 

 

そんな視点で考えてみることが大切です。

なんだって選んでいいし、なんだって選べるんです。

ただ、自分で自分に制限をかけているに過ぎないんですね。

 

 

僕ら大人は、子供時代にたくさんの制限で押さえつけられてきました。

そういう時代でもありました。

 

 

子供はこうすべき!

子供はああすべき!

 

 

今のように「子どもの自主性を伸ばしましょう」な時代ではありませんでした。

そうやってたくさんの制限を与えられてきた結果が「今」という時代です。

 

 

だから、植えつけられた制限を、今ひとつひとつ解きほどいていくときなんですね。

 

 

「なんでもできるとしたら?」

 

 

働き方も選べるし、住む国だって選べる。

そう、人生は自由なのです。

 

 

魔法の質問

なんでもできるとしたら、何をしたいですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。