アドバイスをくれる人の正体

カヌーに乗る女性

「左ハンドルって、運転大変だよね」と言う人がいます。

そうおっしゃる方の99%は、

左ハンドルの車を運転したことがない人です。

 

 

同じように、

「起業する」「独立する」「仕事辞める」

とあなたが決断したとき、

「そんなの無理だよ」って言う人がいます。

 

そうおっしゃる方の99%はですね、

起業したことのない人です。

 

 

まだまだ続きます。

 

今後の人生を考え、「投資をしよう」と考える。

すると、

「そんなのやめたほうがいいよ」

「危ないよ」

「怪しいよ」

と教えてくれる人がいます。

 

 

そんな親切な方々の99%は、

投資をしたことがない方です。

 

 

「私、結婚したい!婚活がんばる!」

そう心に決めたあなたに

「そんなの無理だよー」

「やめときなよー」

「結婚だけが幸せじゃないよー」

ってご助言いただける方がいます。

 

 

もうね、99%が独身です。

 

 

さて、

僕らが何か行動起こすときって、

どれもこれも「幸せになるため」の行動です。

 

 

そんなときにあなたの足を引っ張る人がいます。

「やめときなよー」

「無理だよー」って。

 

そういう人の99%は、それをやっていないわけです。

逆に言うと、それをやっていない人の意見って、参考にならないわけです。

 

 

そして、ここが大事なんですけどね。

「99%の人たち」って本当はそれをやりたいんです。

 

あなたのことがうらやましい人たちなんですよね。

 

 

それでね、やっぱ相談相手って大切だと思うんです。

ついつい僕らは次なるステージを目指して行動を起こすとき、自分と同じステージの人に相談しがちです。

 

 

起業したことのない人に起業の相談をしていたり。

投資したことのない人に投資の相談をしていたり。

 

 

でもね、

相談するなら「既にそれを生きている人」がいいんです。

つまり、一歩でも二歩でも先を歩いている人です。

 

 

僕らには、あらゆる可能性が準備されています。

ですから、「不可能」なんて言葉は存在しないわけです。

 

 

うまく行っていないなら、ただ「やり方」が間違っているだけなんですね。

なんだってできるよ。

人生は遊び場だから。

 

 

魔法の質問

 なんでも叶うとしたら、何がしたいですか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。