叱りたくてたまらないあなたへ

子どもとつながる

頭で考える子育ては、

うまくいかない。

 

 

正解か、不正解かを考えるから

うまくいかない。

 

 

「こんなことは言いたくないんだけど…」

なんて言ったあと

「あなたのためを思って言っているのよ」

なんて叱ってみる。

 

 

「言いたくない」なら、

言わなければいい。

 

 

そんな前置きはいらない。

頭で考えてるから、

言いたくなるのだ。

 

 

「言いたくない」じゃない。

「言いたい」から「言ってる」の。

 

 

頭で考えるから、

言いたくなるの。

 

 

叱るべきだから。

親として叱るべきだから。

 

 

あなたは、一言言いたくなるの。

 

 

本当に「あなたを思っている」のなら、

もっと深く思ってみよう。

もっと深く感じてみよう。

 

 

その一言、本当に必要?

あなたの言葉、子供の心に響く?

それが大事じゃない?

 

 

考えるな!

感じろ!

 

 

正解なんか求めるな。

大切なことは、

もうあなたの心が知ってるよ。

 

 

もっと子どもを感じてごらん。

頭で子育てしちゃダメさ。

心で子育てしていこう。

 

 

知識を育むなら、大人の知識が大事なように 

心を育むなら、大人の心が大事だよ。

 

 

考えるな!

感じろ!

 

 

今、どんな顔してる?

今、何を感じてる?

 

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

 何を大切にしますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。