子どもに「確認」することが大好きな大人たち


「ねえ、宿題やったの?」

「ねえ、忘れ物ない?」

「ねえ、友達とうまくいってるの?」

「ねえ、勉強、ついていけてる?」

 

 

僕ら大人は、子どもにたくさん確認する。

大人は確認が大好きだ!

 

 

では、子どもと大人を入れ替えてみよう。

 

 

「お母さん、家事はやったの?」

「お母さん、買い物はちゃんと忘れ物なくできた?」

「お母さん、ママ友とは仲良くできてるの?」

「お母さん、お料理とかちゃんとできてる?」

 

 

こんなこと、毎日毎日尋ねられたら、どんな気持ちになるだろう?

 

 

「お父さん、お仕事はやれてるの?」

「お父さん、提出期限とか守れてる?」

「お父さん、部下の心はつかめてるの?」

「お父さん、ちゃんと稼げてる?」

 

 

家に帰るたび、たずねられるのだ。

いや、もう、嫌になっちゃうよね。

 

 

あとさ、確認も大好きだが、追加も大好きだ。

 

「宿題やったの?」

「やったよ!」

「じゃあ、自分でやること見つけて、もっと勉強しろ!」

 

こんな感じで、追加の課題を提案する。

大人って面白い生き物だ。

 

 

「お母さん、家事はやったの?」

「やったよ!」

「じゃあ、もっと美味しい料理が作れるように、もっと勉強しなさい!」

 

とか、

 

 

「お父さん、部下の心はつかめてる?」

「つかめてるよ」

「じゃあ、どうして給料は上がらないの?もっとがんばりなさい!」

とか。

 

 

結局、子どもの立場で考えると、子育てのポイントって見えるんだよね。

確認するのはさ、相手への信頼がないからじゃん?

 

 

つまりさ、「私はあなたを信じてませんよ」を表現しているわけね。

この世界は「鏡」でしょう?

信じるから信じてもらえるし、愛するから愛されるわけじゃない?

 

 

 

毎日毎日確認作業を繰り返していくと、親子の関係って壊れていくのよね。

ほら、旦那さんにも毎日確認作業をしてごらんよ。

 

 

「ねえ、

 アタシのこと、

 愛してる?」

 

 

 

「ねえ、

 アタシのこと、

 愛してる?」

 

 

 

 

「ねえ、

 アタシのこと、

 愛してる?」

 

 

重いわ…。

末期のカップルやん…。

確認作業が増えるほど、関係は壊れていくのね。

 

 

大切なことは信じること。

信じるから手放せるわけさ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

どんなとき、信じられていると感じますか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。