他人を変えたくて変えたく仕方がないです!


「自分が絶対正しい」

「私は変わらない!」

そういう人とどのように付き合ったらいいですか?

そんなご質問をいただきましたので、お答えしておきます。

 

この質問をしている時点で、その人を変えたいんですよね。

わかります?

その人を変えたいから質問するんですよね。
 
 

「自分が絶対正しい」

「私は変わらない!」

 

そんなのおかしい!

どうやってコミニケーションを取ったらいいの?

って思うでしょ?

 

 

でもね、変えられるのは自分だけなの。

そもそも、人間は他人を変えられないの。

 

 

だから、僕に言わせると…

「自分が絶対正しい」

「私は変わらない!」

なんてのは、普通の人なわけです。

 

 

学校に乗り込んでくるお父さんお母さんも

基本的にこういう人ですし。

 

 

使えね〜な〜って先生も、

だいたいこういう人です。

 

 

こう書いている僕も、

僕は「自分が正しい」と思っております。

 

 

「おいおい、くればやし、ふざけんなよ!」

と思った質問者のあなた。

 

 

あなたもきっと、

「自分が絶対正しい」

と思ってるはずなのです。

 

 

まあ、少なくとも、

「自分が絶対正しい」

「私は変わらない!」

と思ってるその人は間違っていて、

「私の方が正しい」と思っているんですね。

 

 

まあ、互いにそう思っているから、

コミュニケーションってうまくいかないわけです。

 

 

その人はそういう人なんです。

仕方がありません。

 

 

生まれた場所も、

育ってきた環境も、

DNAも違うのです。

 

 

そういう人なんです。

そういう人であることを、まず受け入れます。

 

 

受け入れたら、無敵です。

あとは自分ができることをするだけです。

 

 

大切なことは「あなたがどうしたいか」です。

 

 

付き合いたくなきゃ無視すればいいし、歩み寄りたければ歩み寄ればいい。

旦那さんなら我慢して一緒にいてもいいし、なんなら別れちゃってもいい。

職場なら、配置転換を望むとか、転職するとか、パワハラで追い込むとか、もう好きにしてください。

 

 

いっしょにいたければいればいいし、いっしょにいたくなければいなければいいんです。

人生は全部選べません。

 

 

世の中に選択肢のないことなんてありません。

なんだかんだ言い訳して、選択肢を狭めているだけです。

 

 

付き合いにくい人と付き合い続ける人生もいいし、付き合いにくい人と付き合わない人生もいいです。

全部ありです。

 

 

ただ、相手を変えようとしても疲弊するだけです。

僕は付き合いにくい相手とはコミュニケーションを取ろうとは思いません。

 

 

「えっ?それじゃ、あんた、先生のとき、付き合いにくい生徒を無視してたのかい?」

 

いい質問です。

 

最後に大切なことを書いておきます。

この世界は鏡です。

 

 

その人は今のあなたを映す鏡なのです。

僕は教室で「付き合いにくい」と思った子どもはおりません。

 

 

 

それは、僕の在り方が「教室」を作っていたからです。

 

 

「生徒が指示に従わない系」の悩みがたくさん届きます。

大切なことは在り方です。

ブログやメルマガでは伝わらないので、講座に来てください。

悩んでいるなら講座に来てください。

 

 

数千円でその在り方が整うなら、超絶安いと僕は思います。

ただ、僕は知っています。

悩んでいる人は、講座には来ません。

 

 

それがその人の在り方だからです。

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。