ブログに書くことが見つからない


 

「ブログを書いた方が

 いいですか?」

 

 

よく聞かれるんだ。

そのたびに、僕はこう返す。

 

 

「書きたいの?」と。

 

 

書いた方がいいか。

書かない方がいいか。

 

 

そういう「他人の物差し」

視点で考えているうちは、

きっと一歩も進めない。

 

 

大切なことは、

書きたいか、

書きたくないか。

 

 

それだけなのだ。

 

 

 

 

2件のラーメン屋があったとする。

 

 

片方のラーメン屋さんは、

ラーメンが好きで好きでたまらない。

 

 

だから、ラーメンを作った方がいいとか

ラーメンを作らない方がいいとか、

考えたりしない。

 

 

ラーメンを作らずにはいられないのだ。

作ることが好きなのだ。

 

 

一方、お隣のラーメン屋は、

今、ラーメン屋が流行しているから

ラーメン屋をやっている。

 

 

他の業態が流行しだしたら、

ラーメン屋は畳むつもりだ。

 

 

さて、

どちらのラーメン屋が

人気が出るだろう?

 

 

あなたなら、

どちらのラーメンが食べたいだろう?

 

 

僕が伝えたいこと、

理解できるだろうか?

 

 

うまくいく人は、

それをせずには

 いられないから

やっているのだ。

 

 

やった方がいいか。

やらない方がいいか。

そういうことは考えない。

 

 

「ブログを書いた方が

 いいですか?」

 

 

そう聞かれるたびに、

「書きたいの?」

と尋ねる。

 

 

 

ブログなんて書いたって、

そんな簡単に読んでもらえない。

 

 

もう4年近く毎日書き続け、

1500記事を書き溜めている

僕が言うんだから間違いない。

 

 

「読んでもらいたい」

と思っていると、

確実に心が折れる。

 

 

 

そもそも、

あなたのブログは

 読まれないのだ。

 

 

だが、

書かずには

 いられないのだ。

 

 

読まれるか。

読まれないか。

 

 

そんなことは問題ではない。

 

 

書かずにはいられないのだ。

そういうテーマで書き続けたとき、

はじめてブログがお仕事につながるようになる。

 

 

 

そう考えると、

問題はブログではない。

 

 

あなたの中に、

世の中に発信せずにはいられない

「何か」があるか。

 

 

問題はその一点なのだ。

 

 

「ブログに

 書くことがない」

 

 

そんな声をよく耳にする。

決してそんなことはない。

 

 

あなたにも、私にも、

書かずにはいられないテーマ

があるのだ。

 

 

それを見つけたとき、

あなたの人生は動き出すと思う。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。