そうだ、お金の話をしよう。


美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

 

 

これが大事。

 

 

いつもいつも考えてる。

 

 

美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

 

 

美学と呼ぶのか、

哲学と呼ぶのか。

 

 

とにもかくにも、

美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

 

 

これを大事にしている。

 

 

 

 

ちょっとだけ「お金の話」をしよう。

 

 

『lifestyle2.0』というトークライブをした。

約80万円ほどの売り上げである。

 

 

講師様にはお一人様10万円お渡しし、

交通費も別途お渡しした。

そこから懇親会費、会場費、打ち上げetc。

 

 

全部支払うと、

残りは10万円と少し。

 

 

このお金、

全部『子育て万博2019』の

運営資金に回す。

 

 

まー、

つまり、

僕の手元には一切お金は残らない。

 

 

ちなみに、

『lifestyle2.0』にご登壇いただいたお一人から、

講師料丸々ご寄付いただいている。

 

 

「名前は明かすな」と言われているし、

そのこと自体「言うな」と言われているけれど(笑)

僕はやっぱりお伝えしたい。

 

 

美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

 

 

そう問いかければ、

超美しいし、超かっこいい。

 

 

僕は「お金」に対して

「美しさ」や「カッコよさ」を

感じる人が好きだ。

 

 

面白いよね。

「汚い人」と「美しい人」いるもんね。

お金に対して。

 

 

あれはなんだろ?

なんと表現していいんだろ?

 

 

「汚い人」と「美しい人」、

いるよなぁ。

 

 

 

そんなわけで、20万円と少しを

元手に『子育て万博2019』は運営している。

 

 

まあ、おそらく、それでも赤字になる(笑)

その分は働いて働いて稼げばいい。

 

 

僕はミヒロさんが好きだ。

ミヒロさんがお金について、こんなお話をした。

 

 

「お金があると周りの人を幸せにできる」

 

 

あぁ、なるほどな、と思った。

そういうとこが好きなんだろうな。

 

 

 

だから、僕は働く。

そのお金で周りを幸せにする。

そして、その幸せな顔を見て、幸せな気持ちになる。

 

 

不幸せなお金持ちをたくさん見てきた。

お金を手に入れると同時に人が離れていく、そんな人も見てきた。

 

 

僕は「金持ち」ではないけれど、「時間持ち」で「人持ち」だ。

それって、とっても幸せなことだと思う。

 

 

ひとたび何かプロジェクトが動き出せば、あっという間、すごいスタッフ数になる。

こんなに幸せなことはない。

 

 

美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

僕はいつも問いかけている。

 

 

先日、『子育て万博2019』の打ち合わせのため、会場を訪れた。

それで、資金の話になった。

 

 

当然のごとく会場のスタッフさんから、こう問いかけられた。

「自己資金でやって、得られるものはあるんですか?」

 

 

そりゃ、そうか。

わざわざ自分のお金でやるのだから、何か「金銭的なメリット」とかないのになんでやるの?って感じだろう。

 

 

メリット・デメリット。

損得。

正解・不正解。

 

 

そういうの、僕にとってはどうでもいいのだよ。

そんなこと考えてたら、人生がちっとも面白くならんのだよ。

 

 

 

決してボランティア精神とか、自己犠牲とか、そういうのではない。

ちゃんと稼いで、そのお金をパーっと遣って、みんなを幸せにする。

ただ、それだけのこと。

 

 

別に損してるわけじゃないし。

そのお金で贅沢して美味いもの食ったら一瞬で終わる。

美味しいのは、僕ひとりだ。

 

 

そのお金で、みんなでイベントやったら1日楽しめるし、一生の思い出ができるし、友達ができる。

そっちの方が、人生、豊かだべ?って思うのさ。

 

 

美しいか、美しくないか。

カッコよいか、カッコよくないか。

 

 

稼ぐだけじゃダメだ。

「お金」だけじゃ「豊か」にはなれないのよ。

 

 

「時間持ち」で「人持ち」の方が豊かだ。

「お金」は後からついてくる。

 

 

結局、在り方だよ。

自分の存在価値を間違えてはいけないよ。

 

 

いかに使うか。

「命」も「お金」もいかに使うか、なのだよ。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。