「できるかできないか」なんて考えるだけ無駄!


人は何かを始めるとき、

「できるか、できないか」を考える。

 

 

すると、

次々に「できない理由」が浮かんでくる。

 

 

そりゃそうだ!

やったことのないことを始めるのは怖い!

だから、「できない理由」という名の「言い訳」を生み出し、自分の選択を制限する。

 

 

そうやって年老いて、

死ぬ間際になって後悔する。

 

 

「もっと冒険しておけばよかったな」ってさ。

 

 

「子育て万博2018inあいち」で面白い若者に出会った。

子ども園を作るらしい。

いいね!

やればいい。

 

 

もう一人の若者は自分の講座をやってみるらしい。

いいね!

やればいい。

 

 

「できるか、できないか」なんて、

やってみて初めてわかること。

考えたって仕方がない。

 

 

僕は来年も『子育て万博』をやることに決めた。

『子育て万博2019inあいち』だ。

 

 

どうやってやるかなんて考えてないよ。

資金の目処なんて、まったくないし。

 

 

でも、いいんだよ。

まず「やる」と決めること。

話はそれからだ。

 

 

「できるか、できないか」なんて、どうでもいい。

「やるか、やらないか」

それを決めるだけでいい。

 

 

「やりたくないこと」に人間は迷ったりしない。

「やりたい」から迷うんだ。

 

 

だったら、「やる」と決めるだけ。

そうだろ?

 

 

よく「仕事を辞めたいんですけど…」みたいな相談が来る。

正直、返事のしようがないな〜と思う。

 

 

辞めたければ辞めればいい。

決めるだけだ。

 

 

僕だって退路を断つときは勇気が必要だったよ。

怖かったよ。

 

 

でもね、決めたんだ。

僕は僕の人生を生きようって。

 

 

「できるか、できないか」なんて、考えてる時間が無駄だよ。

考えても意味ないもん。

 

 

とりあえず、「やる」と決める。

決めたら、「何ができるか」だけを考える。

 

 

目の前にある「できること」をただ精一杯やれば、だいたいのことは「できる」んだよね。

 

 

魔法の質問

 何を決めますか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。