伝えても伝えても伝わらないあの人に伝わる方法


うまく伝わらないとき、

「言葉足らずですいません」

という言葉を使う。

 

 

伝わらないことってありません?

伝えても伝えてもうまく伝わらない。

そんなことってあると思うのです。

 

 

そんなとき、

説明不足、

言葉足らずと

思うかもしれません。

 

 

そんなあなたにお伝えしたいことがあります。

 

 

「メラビアンの法則」

というのをご存知でしょうか?

 

 

話し手が聞き手に与える影響は

言語情報 7%

視覚情報 55%

聴覚情報 38%

なのです。

 

 

93%は、言語以外で伝えているのですね。

ですから、メールや手紙などで真意を伝えるのはとても難しいのです。

 

 

さてさて。

それでうまく伝わらないとき、

どうすればいいのでしょうか。 

 

 

僕は「話し手」の「話す力」よりも

「聞き手」の「聞く力」の方が重要だと考えています。

 

 

「察する力」と呼んでもいいでしょう。

だって、言語じゃ7%しか伝わりません

残り93%で持って察していただく必要があるのですよ。

 

 

「話し手」の真意を汲み取ってあげる力とでも言えばいいでしょうか。

「この人は何が言いたいのかな?」って真剣に耳を傾ける。

そんな力です。

 

 

うまく伝わらないとき、最初に注目すべきは人間関係です。

良き人間関係があると、人は相手の伝えたいことを理解しようとします。

 

 

この「理解しようとする関係性」が大事なのです。

 

 

 

モノも言わない赤ちゃん。

それでも、泣いていれば一生懸命わかろうとしますよね。

 

 

 

オムツを替えてほしいのかな?

ミルクが欲しいのかな?

一生懸命考えます。

 

 

これが察する力です。

 

 

 

相手の立場になって物を考えるっていうのかな。

僕はね、その関係性があれば「伝わる」と思うのです。

 

 

「伝わらない」のは、相手に「理解しようとする気持ち」がないから。

では、どのように伝えればいいでしょうか。

 

 

① 伝わる人から伝えてもらう。

② 伝わる人間関係を構築する。

 

 

②は時間が時間がかかります。

組織であれば①が有効かと思います。

 

 

組織は回すもの。

コミュニケーションがうまくいかないときは、人間関係を見つめ直すチャンスかもしれませんね。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。