「人生が変わる」とはどういうことか。〜地に足つけて羽ばたく〜


 

「人生が変わる」

 

最近よく耳にします。

 

 

「人生が変わりました」

 

 最近よく耳にします。

 

 

僕は、

(そんなことってあるのかな?)

と思うわけです。

 

 

僕はたくさんの出会いによって人生を変えてきました。

マツダミヒロさんとの出会い。

山脇恭子さんとの出会い。

岩室智子さんとの出会い。

岸本亜泉さんとの出会い。

 

 

その出会いを生み出したのは、

間違いなく上海。

 

 

上海行きを決めたのは妻です。

 

 

ミヒロとの出会いのきっかけも、

恭子さんとの出会いのきっかけも、

智ちゃんとの出会いのきっかけも、

亜泉ちゃんとの出会いのきっかけも。

 

 

すべての出会いは、

妻が生み出しました。

 

 

そう考えれば、

妻との出会いもまた、

僕の人生を変えました。

 

 

では、

出会った瞬間、

僕は「あっ!今、人生が変わった!」と思ったでしょうか?

 

 

そんなことはありません。

 

 

「人生が変わる」は、

そのときにはわからないのです。

 

 

あとで振り返ったとき、

点と点が線でつながるんです。

 

 

我が家に来たことで、

人生が変わったお母さん。

 

 

僕と出会ったことで、

人生が変わったお母さん。

 

 

たくさんいます。

でも、出会った瞬間、

「あっ!人生が変わったわ!」

なんて感じることはないのです。

 

 

気がつけば。

あとで振り返れば。

 

 

あれが分岐点だったと気づく。

 

 

そんなものだと思うのです。

 

 

では、人生を変える出会いはどこにあるのか。

実は今ある輪の一歩外側に、

人生を変える出会いは転がっています。

 

 

人生を変える「次元上昇のエレベーター」は、

あまり美しくありません。

 

 

一見すると、

それは「次元上昇のエレベーター」には見えません。

 

 

エレベーターから降りたときになってはじめて、

自分が上昇していたことに気づくのです。

 

 

だから、地に足をつける、が大切です。

地に足つけて、等身大の自分を受け入れる。

そして、そこから一歩踏み出してみる。

 

 

言ってみれば、

人生を変える作業は、

凄まじく地味な営みです。

 

 

虚勢を張ってはいけない。

まず、等身大を知ったうえで、

自分とつながってみる。

 

 

人生が変わるって、

結構地味なんですよね。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。