ママと酸素マスクと夏休み♬


飛行機の機内では、

緊急時に酸素マスクが上から落ちてくる。

 

 

 

酸素マスクをしっかりと装着すること。

高度1万5000フィートでは、呼吸困難に陥ります。

数十秒から数分で意識を失うのだそう。

 

 

ですから、非常時のため、

飛行機に乗ると必ず救命胴衣や酸素マスク、避難経路の話、

つまりは安全確認がなされるわけです。

 

 

さて、今日話題にしたいのは、

酸素マスクを装着する順番です。

 

 

お母さん。

いいですか?

 

 

子どもと自分、

どちらが先に酸素マスクを装着しますか?

 

 

はい、「子ども」と即答したあなた。

人としては間違ってはいませんが、この場合は不正解。

まず、大人が装着するんだそうです。

 

 

で、大人が意識がなくならない状態を保ってから子ども。

これが正しい順番なのですね。

 

 

お母さんはついつい子ども優先に物事を考えがち。

自分があと、子どもが先。

 

 

でもね、子どものため、子どものためってやってるうちに、お母さん、呼吸困難になってない?

(こんなにやってあげてるのに!)

(なんでみんなわかってくれないの?)

って、呼吸困難になってない?

 

 

そうするとね、子どもたちは自分の酸素マスクを外して、「お母さん大丈夫?」って言っちゃう。

その瞬間、呼吸困難。

両方とも苦しくなるのね。

 

 

まず、お母さんが酸素マスク、着けよう。

しっかり呼吸しよう。

 

 

「吸って〜、吐いて〜、吸って〜、吐いて〜」だな。

夏休み、ず〜っと子どもたちがいて、慌ただしかったよね。

呼吸する間もなかったよね。

 

 

呼吸しよう。

子どもが幼稚園、保育園、学校、その他もろもろ行ってる間に呼吸しよう。

子どもが小さいなら預けよう。

 

 

とにかく、だ。

とにかく、自分の時間を作ろう。

んで、呼吸しよう。

 

 

酸欠だとイライラするし。

酸欠だと思考が回らんし。

 

 

いい?

我慢して我慢して、酸素マスク着けなかったら、どうなると思う?

 

 

飛行機、墜落しちゃうのよ。

な?

 

 

酸素マスク着けよう。

自分の時間を作ろう。

 

 

子どもを預けたり、自分の時間を作ったりすることに、罪悪感を感じるママさんも多いのね。

あのね、酸素マスク着けるのに最悪感を感じる人、いないじゃん?

 

 

必要なことなのよ。

あなたが「おひとりさま」の時間を作ることは、あなたにとって必要なことなの。

 

 

んで、酸素ちゃんと吸ってくれんと、「家庭」という飛行機が墜落すんのな。

わかった?

僕が言いたいのはつまりこういうこと。

 

 

AIRASIAの客室乗務員は妙に色っぽい。

それだけだ。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。