今すぐ話したい人、あとででも話したい人


女性の中には、「今すぐ話したいタイプ」が存在します。このタイプの女性は、「今ここ」を逃すと、テンションをすぐに下げますから、一見わがままに見えます。

ところが、彼女たちが求めているのは安心感。今すぐ話さないと安心できないのです。

 

 

ですが、男性には「自分のペース」というものがあります。今はちょっと手が離せない。そんなことってあると思うのです。

ところが、後回しにしようものなら大変です。

「さっきの話、なんだった?」と尋ねると、「もういい!」と行って、プイっと顔を背けてしまう。

 

 

ですから、このタイプの女性の話は、とりあえず手を休めて耳を傾けることです。

 

それで手を休めて話を聞いてみると、

 「それ、今じゃなくてよくね?」

とあなたは感じます。その通りです。彼女たちの話す内容は、別に今じゃなくても良いのです。でも、今この瞬間に話したいのです。「後で」ではなく「今すぐ」なのです。

 

 

理由ですか?安心したいんです。

この「今すぐ話したいタイプ」の女性の話を後回しにすると、大変やっかいです。

 

 

機嫌を損ねるため、リカバリーにエネルギーを消費します。トータルで考えた場合、不機嫌な女性のご機嫌をリカバリーするよりも、できるだけ不機嫌にさせない方がコストパフォーマンスが高いでしょう。

はっきり言って面倒臭い女です。

 

でも、この面倒臭いところにあなたは惹かれたはずなのです。出会った頃は(笑)

 

 

 

ちなみに、忙しいとき「後ででも良い?」と尋ねると、「うん、いいよ」と言ってくれる女性もいます。「後ででも話したいタイプ」です。

彼女たちの話は比較的長く、前置きも長く、話題が行ったり来たりする特徴があります。それはそれで、男性にとって忍耐の必要なコミュニケーションになります。

 

 

この、「後ででも話したいタイプ」の女性から「話しかけてもいい?」と尋ねられたとします。あなたは、手が話せず忙しかったため「後ででも良い?」と尋ねる。すると、「うん、いいよ」と言ってくれるわけです。

 

 

この言葉に甘え、後回しにした挙句、話を聞くのを忘れるというパターンが横行しています。

男性の皆さん、本当にお気をつけくださいね。

彼女たちは相手のことを思いやれる生き物です。「今すぐ話したいタイプ」に比べると、奥ゆかしい存在です。

 

 

だから、あなたはついついぞんざいな扱いを彼女たちにしてしまう。

 (まあ、いっか。あれから何も言ってこないし…)

そう勝手に解釈して、「後ででも話したいタイプ」の女性に声をかけ忘れる。すると、大変なことが起こります。

 

 

他者を大切にしたい彼女たちは、実は人一倍他者からも大切にされたい人たちです。大切にされなかったという記憶は、ずっとずっと棘のように引っかかり続けます。

 

 

何度も申し上げますが、「共感されたい」のが女性です。

「今すぐ話したいタイプ」の女性は、今すぐ聞いてもらえたことに満足をし、「後ででも話したいタイプ」の女性は、後ででも聞いてもらえたことに満足するのです。

 

 

女性の奥底にあるのは「大切にされたい」」という思いであることを忘れないでください。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。