今すぐ話したい人、あとででも話したい人


女性の中には、「今すぐ話したいタイプ」が存在します。このタイプの女性は、「今ここ」を逃すと、テンションをすぐに下げますから、一見わがままに見えます。

ところが、彼女たちが求めているのは安心感。今すぐ話さないと安心できないのです。

 

 

ですが、男性には「自分のペース」というものがあります。今はちょっと手が離せない。そんなことってあると思うのです。

ところが、後回しにしようものなら大変です。

「さっきの話、なんだった?」と尋ねると、「もういい!」と行って、プイっと顔を背けてしまう。

 

 

ですから、このタイプの女性の話は、とりあえず手を休めて耳を傾けることです。

 

それで手を休めて話を聞いてみると、

 「それ、今じゃなくてよくね?」

とあなたは感じます。その通りです。彼女たちの話す内容は、別に今じゃなくても良いのです。でも、今この瞬間に話したいのです。「後で」ではなく「今すぐ」なのです。

 

 

理由ですか?安心したいんです。

この「今すぐ話したいタイプ」の女性の話を後回しにすると、大変やっかいです。

 

 

機嫌を損ねるため、リカバリーにエネルギーを消費します。トータルで考えた場合、不機嫌な女性のご機嫌をリカバリーするよりも、できるだけ不機嫌にさせない方がコストパフォーマンスが高いでしょう。

はっきり言って面倒臭い女です。

 

でも、この面倒臭いところにあなたは惹かれたはずなのです。出会った頃は(笑)

 

 

 

ちなみに、忙しいとき「後ででも良い?」と尋ねると、「うん、いいよ」と言ってくれる女性もいます。「後ででも話したいタイプ」です。

彼女たちの話は比較的長く、前置きも長く、話題が行ったり来たりする特徴があります。それはそれで、男性にとって忍耐の必要なコミュニケーションになります。

 

 

この、「後ででも話したいタイプ」の女性から「話しかけてもいい?」と尋ねられたとします。あなたは、手が話せず忙しかったため「後ででも良い?」と尋ねる。すると、「うん、いいよ」と言ってくれるわけです。

 

 

この言葉に甘え、後回しにした挙句、話を聞くのを忘れるというパターンが横行しています。

男性の皆さん、本当にお気をつけくださいね。

彼女たちは相手のことを思いやれる生き物です。「今すぐ話したいタイプ」に比べると、奥ゆかしい存在です。

 

 

だから、あなたはついついぞんざいな扱いを彼女たちにしてしまう。

 (まあ、いっか。あれから何も言ってこないし…)

そう勝手に解釈して、「後ででも話したいタイプ」の女性に声をかけ忘れる。すると、大変なことが起こります。

 

 

他者を大切にしたい彼女たちは、実は人一倍他者からも大切にされたい人たちです。大切にされなかったという記憶は、ずっとずっと棘のように引っかかり続けます。

 

 

何度も申し上げますが、「共感されたい」のが女性です。

「今すぐ話したいタイプ」の女性は、今すぐ聞いてもらえたことに満足をし、「後ででも話したいタイプ」の女性は、後ででも聞いてもらえたことに満足するのです。

 

 

女性の奥底にあるのは「大切にされたい」」という思いであることを忘れないでください。

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。