男の喜びは女を幸せにすることだ!

目の前の人を喜ばせるためにできることは何ですか?.001

よしっ!

断言しておこう。

 

 

男の喜びは女を幸せにすることだ。

 

 

そういうことだ。

 

 

男性が一番幸せを感じるのは、女性が笑顔のときなんだ。

僕がそう感じるんだから、たぶん世の男性だってそう感じているはず。(笑)

 

 

なんで彼氏といるときの女の子って、あんなにかわいいんだろう?

「他人の彼女は可愛く見える法則」というのがある。

 

 

僕が考えたんだけど…。

取り立てて美人というわけでなくとも、旦那さんや彼氏と歩いていて楽しそうにしている女性って本当に可愛く見えるんだよね。

 

 

そんなわけで、僕の周りにいる人妻はみんな綺麗だ。(笑)

 

 

あっ!

笑ってすいません…。

 

 

男ってバカだよね。

男性におけるセックスの教科書はアダルトビデオだったりする。

作られた世界を見て、女性の喜びを学ぶものだから、案外リアルな世界では痛がられたりして凹む。

「セックスが下手」って、けっこう男には堪える。

 

 

「前戯が大事」とか、「雰囲気が重要」とか言われると、「本当に?」と思ってしまう。

何せ教科書がアダルトビデオなんだから仕方がない。

 

 

まあ、そういう部分も含めて男ってのは、とにかく女性を喜ばせたい生き物なんだと思う。

 

 

ところが、女性の気持ちを学ぶ機会って少ない。

それこそ、学校でお金のことを学ばないなんてよく聞くのだけれど、もっと大切な「男と女」について学ぶ機会ってないよなって思う。

 

 

保健体育で体の作りの違いは学ぶけれど。

精神性や愛について学ぶ機会ってない。

 

 

もっと言えば、男性は女性を理解していないし、女性は男性を理解していないのだから、片一方の性で教えることはなかなか難しかったりする。

先生にそれを求めるのは酷なわけさ。

 

 

まして、学校は「こうでなければならない」に囲まれた「男性性」の社会である。

思考の世界であり、スピリチュアリティーを学ぶチャンスはない。

 

 

宗教と教育が分離され、目に見える世界だけで構成された学校教育の世界では、男と女を学ぶ土壌がないわけ。

 

 

「学校ではお金について教えない」とか、「先生は男と女を教えない」とか、そういう批判はそもそもおかしいわけだけど。

だって、学校で教えることは『学習指導要領』で定められているわけで。

 

 

それは学校や先生への批判ではなく、直接文部科学大臣に伝えてもらいたい話なわけだ。

 

 

お金にしろ、男と女にしろ、やっぱそういうことって、社会の中で学ぶことだと思うのだ。

 

 

んで、男と女の話に戻るんだけど。

 

 

僕はずっと子どもたちに伝え続けてきた。

「恋人を作れ」って(笑)

 

 

異性から学ぶことって多い。

ある意味、修行だ。

 

 

中国で暮らしたとき、あまりにも中国人の行動や思考が僕らとは違っていて驚いたのだけれど。

なんてことはない。

女性と付き合うことなんて、まさに異文化交流会だ。

 

 

そういう意味では目の前の女性を幸せにすることは、最終的に世界平和につながると思う。

まさにLOVE&PEACEなのさ。

 

 

それじゃあ、女性をどう喜ばせるかって話なんだけど。

これはもう、女性と対話を重ねるしかない。

 

 

男ってついつい蟹アレルギーの人に」「最高級毛蟹」を贈ってしまうところがあるの。

男ってシンプルだから。

 

 

良かれと思ってやっちゃうの。

それはもう、アダルトビデオをセックスの教科書にしてしまうような愚かさなんだけど。

そこを「かわいい♡」って思ってもらえると、男性的にはありがたいよね。

 

 

そんなわけで、やっぱ対話だよ。

男と女、どちらもわかってほしい生き物なんだけど。

そのあたりを理解したうえで、互いがほんの少しずつ気遣えたらいいんだよね。

 

 

まあ、なかなか難しいんだけど。

「喜ばせたい!」

でも、

「喜ばせ方がわからない」

そんな男性が多いわけさ。

 

 

究極のところ、理解するための対話が、一番のパートナーシップを育む方法かもしれないね。

 

 

ハッピーなパートナーシップを育むためのしつもん

目の前の人を喜ばせるためにできることは何ですか?

 

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。