お仕事の相談にも乗りまっせ!



最近、お仕事の相談を
一生懸命聞かないように心がけている。
テキトーに聞き流している。

 
 
これまでいっぱいお仕事の相談を聞いてきた。
 
 
「こんなことしたい」
「あんなことしたい」
 
 
それを一生懸命聞いてきた。
 
 
 
で、僕が何をやっているか。
一生懸命伝えてきた。
相談されたので、一生懸命伝えてきた。
 
 
 
「こうすればうまくいくよ」
「こうすればコミュニティは作れるよ」
「こうすれば満員御礼になるよ」
 
 
出し惜しみなどせず、相談されるたび一生懸命伝えてきた。
そして、必ずこう言われた。
 
 
「それって、
 くれちゃんだから
 できるんだよ」
 
 
そのたびに失望した。
ガッカリした。
 
 

僕が伝えてるのは、
うまく行ってる人たちがみんなやっている、
割とベタなこと。
 
 
それをそのまま丸パクリしているので、
お伝えしているのはセオリー。
いわば基礎基本。
 
 

僕だからできるのではなく、
うまく行ってる人がみんなやってること。
ベタな内容。
 
 
そして、それを僕は
圧倒的な熱量でやる。
 
 
本気だから、
圧倒的な熱量でやる。
 
 
ただそれだけのこと。
 
 
「できない」とか言う人って、
そもそも熱量がない。
   
 
自分のビジネスで勝負するなんて、
圧倒的な熱量がなきゃやれないって。
 
 
 
好きで好きでたまらないことがあって、
そいつで稼ぎたいなら、
圧倒的な熱量でやるしかない。
 
 
「好きを仕事にする」ってのは、好きで好きでたまらないからできるのであって、決してそれは楽なことではない。
作業量と費やす時間を考えれば、「勤務」した方がコスパは良い。
 
 
作業量と費やす時間が大量でも、それを「好き」でやっているから、やり切れるのである。
だから、「好きを仕事にする」は、本気で「好き」じゃないと仕事にならない。

 
 
結局熱量なんだよね。

 
でもね。
 

僕のモットーは
「目の前の人を幸せにするためにできることは何だろう?」なのね。
 
 
だから、お仕事の相談されたら全部伝えるのよ。
ホントにね、いつも全部伝えるの。
 
 
 
すると、
「そんなのできません」
という言葉が返ってくる。
 
 
あぁ…、
エネルギーの無駄遣いしたなー、
と思う。
 
 
熱量がないなら
相談しないでよって思う。
ガッカリするんだ。
 
 
その「ガッカリ」を繰り返した結果、
僕は人の仕事の相談を
あまり一生懸命聞かなくなったのだ。
 
 
 

そんなわけで、
今日は笹やんのお仕事の相談。
 
 

本気の人と話すのはやっぱ面白い。
「できない」とか言わないし。
 
 
「これ、いいっすよ」
「こうしたらもっといいっすよ」
「こうやるといいっすよ」
 
 
著書も出版されていて、協会も立ち上げているような人にコンサルできることなんかあるんかな〜と思ったけど。
できること、精一杯お伝えさせていただきました。
 
 
笹やんが女の子だったら、
あと10倍ぐらい楽しかったんだろうな(笑)
 
 
僕、お仕事の相談を受けるときは、
本気の人とだけしたい。
 
 
最近、「コンサルして」とよく言われます。
すごく高額ですので悪しからずご了承ください。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。