この世界は「ひとつ」だということ

お母さんに抱っこされてうれしそうな赤ちゃん

この世界はひとつだよ

この世界はひとつなの。

わかる?ひとつなのよ。

 

 

それなのにさ、私たちはふたつに分離しているわけ。

「良い」と「悪い」に分離しているの。

 

 

これは良くて、これは悪い。

すべてをジャッジするのね。

 

 

「こうでなければならない」

「こうあるべき」

それらはすべて「正解・不正解」の世界の産物よね。

 

 

みんな「良い」を思い求める。

「学校に行くのは良くて、学校に行かないのはダメ」

「成績がいいのは良くて、成績が悪いのはダメ」

そうやって、常に「評価」とともにこの世界を形成しているの。

 

 

そうやって、私たちは「良い」ばかりを追い求めてきたの。

この世界からの働きかけに対して、応えられる自分はOKで、応えられない自分はダメなわけね。

 

 

だから、一生懸命努力したよね。

ダメをなくすために、私たちは努力したの。

ところがさ、結局気づいちゃったわけよ、みんな。

 

 

「良い」をたくさん集めても、幸せになれないって。

ダメな自分を改善したところで、私たちはハッピーにはなれないの。

 

 

ず〜っと正解を選び続けてきたのに、幸せじゃないなんて皮肉じゃない?

 

 

その「正解」は、誰にとっての正解ですか?

もうね、この世界は「正解」と「不正解」の時代じゃないのよ。

そもそも、その「正解」って、あなたの正解じゃないでしょ?

社会が生み出したものよね。

 

 

みんなが「正解だ」って言うから「正解」だと思い込んできたに過ぎないの。

偏差値の高い学校を出るのが「正解」だったわけでしょ?

有名な企業に就職するのが「正解」だったわけでしょ?

 

 

でも、その正解の先にハッピーがないわけじゃない。

必ずしも、あなたのハッピーがそこにあるわけじゃないの。

それに気づき始めた人から、ドロップアウト。

自分がやりたいこと、やってるわよね。

 

 

結局、経済的な豊かさ、地位や名誉は私たちに幸せをもたらさなかったの。

気づいちゃったでしょ?

 

 

だから、そろそろみんな認めた方がいいのよ。

この世界には「良い・悪い」はないの。

 

 

社会に属するものとして、ルール上の「良い・悪い」は存在するわね。

それを守れなければ、この社会には属せない。

それは仕方のないことよ。

 

 

サッカー選手が、「わたし、本当は手を使いたかったの」って気づいちゃったら、サッカーやれないもんね。

別のスポーツをやるしかないでしょう?

 

 

人間も同じよ。

だったら別の社会に属せばいい。

ただ、それだけのことよ。

 

 

日本が息苦しいなら、海外に飛び出せばいい。

学校が息苦しいなら、別の「学びば」を選べばいい。

 

 

ところがさ、「良い・悪い」の世界に生きてる人は「我慢」を選ぶの。

我慢して働き、我慢して学校に行く。

それを「正しい」と信じてる。

 

 

仕方がないわよ。

だって、その人は「良い・悪い」の世界の住人なんだもん。

 

 

でもね、この世界がひとつだって気づいちゃった人は選べばいいのよ。

自分は本当はどうしたいの?って感じきるの。

 

感じる世界を生きてみようよ

考えるから「正解か不正解か」ってなるのね。

もっと感じるの。

感じきるの。

 

 

「アタシ、ホントはどうやって生きたいんだろう?」って。

んでね、それに沿って生きればいいのよ。

だって、あなたの魂はそうやって生きたいのでしょう?

そのままでいいの。

 

 

それが「ありのまま」ね。

まず、自分を丸ごと受け入れるの。

丸ごと、存在そのものを信じるの。

それがスタートラインよね。

 

 

私たちは社会的存在。

だれかとつながることで、私たちはこの世界に存在し続けるの。

だから、だれとつながるかが重要なの。

 

 

魂で生きたいと気づいたあなたは、「正解、不正解」の世界を生きている人とつながると苦しくなるわ。

「なんで学校行かないの?」

「ママがそんなふうで大丈夫?」

そんなこと、言われちゃうもの。

 

 

あなたがあなたらしく生きられる。

そんな世界でつながりをつくるといいわよ。

それが「類は友を呼ぶ」ってことだと思うわ。

 

 

「魂つながり」の類友ね。

それがいいわよ、アタシそう思うよ。

 


お母さんと、これからお母さんになる女性のための
  オンライン・コミュニティー

にじのわ

お母さんのためのコミュニティー

オンラインコミュニティーの詳細はこちら

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。