「旦那の稼ぎ」を自慢する女はいても、「女房の稼ぎ」を自慢する男はいない。


先日、夫婦仲睦まじく大阪へ出かけた。

その帰り道、運転をしながら妻に、好きなタイプを尋ねた。

 

 

昔は宮本輝が好きだったらしい。

はて、宮本輝?

さっぱり顔が思い出せない。

 

 

ググったら72歳の小説家の「宮本輝さん」が出てきた。

渋いチョイスだ。

宮本亜門の間違いじゃないだろうか?

 

 

いや、宮本亜門もずいぶん年上である。

62歳…。

妻の趣味、よく分からない。

 

 

もういっそのこと、「宮本武蔵が好き」って言われた方がマシである。

歴史通の女を「歴女」と呼ぶらしい。

 

 

よくよく確認したら、「岩本テル」が好きなのだそうだ。

ググったら岩本輝(あきら)さんという元オリックスの野球選手が出てきた。

 

 

なんかマニアックな女だな…と思った。

一応、確認したところ、サッカー選手の方だと言う。

 

 

それでようやく「岩本輝雄さん」にたどり着いた次第だ。

元ベルマーレの「岩本テル」である。

僕はそれを「宮本テル」と聞き間違えたというワケだ。

 

 

どうやら彼女、甘い顔が好きらしい。

残念ながら、僕は「甘いマスク」ではない。

 

 

そういえば、よく小沢健二が好きだと言っていた。

申し訳ないが小沢一郎しか顔が思い出せない。

 

 

というわけで、やっぱりググってみた。

なるほどな。

昔の顔は確かに甘い顔をしている。

 

 

だが、現在の顔は残念ながら、けっこうな「おじさん」である。

年齢には勝てないものだ。

 

 

そう言う僕も、鏡を覗いてみるとけっこうな「おじさん」でちょっと引く。

40代だもんな…。

仕方ないよねって思う。

 

 

恋愛において、「性格の良い人がいい」とおっしゃるのは完全なる建前である。

現実的に最も評価対象となるのは、間違いなくルックスである。

性格とか、あんまり重視されない。

 

 

異性を紹介した場合、「好みじゃない」という返事の裏にあるのは「見た目が好みじゃない」であって、決して「中身が好みじゃない」ではない。

「やっぱ中身よね」は建前であり、本音は「とりあえず顔」なのである。

 

 

 

ただ、これまた残念なお話なのだけど、見た目なんてものは確実に劣化する。

資金投入して、スッピンにヒアルロン酸その他もろもろ、様々なドーピングを施し、人工のスッピンが作られているわけだが、それでも見た目なんてものはどんどん劣化していく。

 

 

男も男で、どれだけ育毛剤を投入して、やせ細っていくばかりである。

公的資金を投入してもやせ細っていく様は、地方のそれのようである。

頭皮の過疎化はますます進むばかりだ。

 

 

そんなわけで、「若さ」や「見た目」はいずれ衰えていく。

だって、人間だもの。

 

 

夫婦は恋人ではない。

だから、そこはもうどうで良いかというと、そうでもない。

 

 

男はいつまでも妻にはキレイでいてもらいたいものだ。

男の価値は連れている女房の価値で決まるのだ。

 

 

であるならば、男子たる者、妻を輝かせねばならぬ。

女性もまた、男性を輝かせて、稼がせることが大切だ。

 

 

ようは相手を立てよ、という話なのである。

自分を輝かせることに一生懸命になりがちだが、案外パートナーを輝かせることで自分が輝くということもあるのだ。

 

 

これはちょっと面白い感覚なのだが聞いてほしい。

「旦那の稼ぎ」を自慢する女はいても、「女房の稼ぎ」を自慢する男はいない。

こういうのは、男と女の不思議なところである。

 

 

したがって、奥様の方が旦那を輝かせることを考えた方が、人生全体の利益においては有利に働くと考えられる。

大阪からの帰り道、「いかに旦那に稼がせるかだよね」なんて話をしておりました。

 

 

「岩本テル」と「宮本テル」ですれ違った僕ら夫婦。

話せば何てことのない「すれ違い」なワケでして。

 

 

感性や価値観の違いもまた、話せばわかることなのかもしれません。

 

 

パートナーシップのしつもん

どんな対話の時間を作りますか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。