人は思ったように動かないものだ


僕らができることはたった2つしかない。

それは、自分の行動を選ぶこと。

そして、相手に情報を与えること。

 

 

この2つしかないという事実を知っておくだけで生きやすくなる。

 

旦那や子どもや学校を自分の思うままに動かしたい人は多い。

だが、基本的には人は自分の思うように動いてくれない。

そういうことにイライラする人がいる。

 

 

自分の行動は選べても、相手の行動は選べない。

変えられるのは自分だけなのに、人は他者を変えようと躍起になる。

 

 

人を変えようとしてはいけない。

与えるのは「情報」だけである。

その「情報」で相手は変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

 

 

その「情報」をもとに「変わる」を選択するのも「変わらない」を選択するのも相手の自由なのだ。

選択権は「私」にはなく「相手」にあるのだ。

 

 

僕にはよくビジネスの相談が届く。

相談されると応えてあげたくなる。

そこで僕は「応える」という行動を選択する。

 

 

そして、相手に「情報」を与える。

その「情報」を相手が受け取るか、受け取らないか、相手の行動であり、僕がコントロールできない。

それでも、受取拒否をされると僕はイラッとする。

 

 

以来、僕はできるだけ「アドバイスをしない」を選択するようにしている。

それは僕が傷ついたりイライラしたりしないようにする予防線でもあるのだ。

 

 

ちなみに、□タイプに相談したとき、何も言わないのは「興味を失っているとき」だったりする。

「こんなことやりたいんだよね」と尋ねたとき「じゃあ、こうしたら?」「もっと、ああしたら?」と浮かんでしまうのが□タイプである。

 

手放しに「それはいいね〜」と言ったとき、本当に「いいね」と思っているか、心の中で「どうでもいいね」と思っているかのどちらかである。

 

 

僕の場合、目の前の人が幸せになるように、いつもいつも考えているから、ついついアドバイスをしたくなる。

それも良くないな〜と思って最近は、「アドバイスをしない」を心がけている。

 

 

「情報」を与えるか与えないか。

それすら、僕らは選ぶことができるのだ。

 

 

もう一度書いておこう。

 

 

僕らができることはたった2つしかない。

それは、自分の行動を選ぶこと。

そして、相手に情報を与えること。

 

 

人は思ったように動かぬものだ。

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。