人は思ったように動かないものだ


僕らができることはたった2つしかない。

それは、自分の行動を選ぶこと。

そして、相手に情報を与えること。

 

 

この2つしかないという事実を知っておくだけで生きやすくなる。

 

旦那や子どもや学校を自分の思うままに動かしたい人は多い。

だが、基本的には人は自分の思うように動いてくれない。

そういうことにイライラする人がいる。

 

 

自分の行動は選べても、相手の行動は選べない。

変えられるのは自分だけなのに、人は他者を変えようと躍起になる。

 

 

人を変えようとしてはいけない。

与えるのは「情報」だけである。

その「情報」で相手は変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

 

 

その「情報」をもとに「変わる」を選択するのも「変わらない」を選択するのも相手の自由なのだ。

選択権は「私」にはなく「相手」にあるのだ。

 

 

僕にはよくビジネスの相談が届く。

相談されると応えてあげたくなる。

そこで僕は「応える」という行動を選択する。

 

 

そして、相手に「情報」を与える。

その「情報」を相手が受け取るか、受け取らないか、相手の行動であり、僕がコントロールできない。

それでも、受取拒否をされると僕はイラッとする。

 

 

以来、僕はできるだけ「アドバイスをしない」を選択するようにしている。

それは僕が傷ついたりイライラしたりしないようにする予防線でもあるのだ。

 

 

ちなみに、□タイプに相談したとき、何も言わないのは「興味を失っているとき」だったりする。

「こんなことやりたいんだよね」と尋ねたとき「じゃあ、こうしたら?」「もっと、ああしたら?」と浮かんでしまうのが□タイプである。

 

手放しに「それはいいね〜」と言ったとき、本当に「いいね」と思っているか、心の中で「どうでもいいね」と思っているかのどちらかである。

 

 

僕の場合、目の前の人が幸せになるように、いつもいつも考えているから、ついついアドバイスをしたくなる。

それも良くないな〜と思って最近は、「アドバイスをしない」を心がけている。

 

 

「情報」を与えるか与えないか。

それすら、僕らは選ぶことができるのだ。

 

 

もう一度書いておこう。

 

 

僕らができることはたった2つしかない。

それは、自分の行動を選ぶこと。

そして、相手に情報を与えること。

 

 

人は思ったように動かぬものだ。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。