苦手な子が一人もいなくなる魔法のマインド

子どもへのまなざし

ネガティブな出来事をハッピーに変える魔法の言葉

先日、学年団の結束を揺るがす大事件が起こりました。

なんとA先生が通販で購入し、とても楽しみにしていた栄養ドリンクを、B先生が飲んでしまったのです!

わざと…。

 

A先生の怒りは収まりませんでした。

私が出勤するとすぐ…、

「ちょっと主任!聞いてください!」

それから、15分、いかにそのドリンクを楽しみにしていたか、手に入れるのがどれだけ大変だったかを聞か

されました。

私の朝はだいたいそんな感じです…。

 

そこで、私はA先生に「ネガティブな出来事をハッピーに変える魔法の言葉」を教えてあげました。

 

「はい!A先生。今の出来事、『そのおかげで』『ありがとう』をつけて、僕に伝えてくれる?」

 

「えっ…、B先生が飲んでくれたおかげで…、早く家に帰ってちゃんとした夕飯を食べなきゃな…と思いました。B先生、ありがとう」

「そうか~♪よかったね」

 

悪い出来事をみつけて、「そのおかげで」をつけて表現してみる。

すると、見えるものが変わってきます。

 

ものの見方を変えてみるだけで世界は変わる

「今日は電車が事故で遅れてしまった」

「…そのおかげで、たくさん本が読めた」

 

「漢字の間違いをみんなの前で指摘されて恥ずかしかった」

「…そのおかげで、その漢字を絶対間違えなくなった」

 

そうやって、物事を見つめると「あなた」の周りからネガティブな出来事が消えてなくなります。

 

ちなみに、コンビニを歩き回ってお目当てのドリンクを発見。

A先生、B先生、ついでにC先生にプレゼントしたら、みんなが喜んでくれて、教頭先生とD先生に「偉いなぁ」って褒めていただきました。

 

全部、B先生 のおかげです。

B先生、ありがとう。

 

「この子のおかげで」ってつぶやいてみる

学級の子どもたち、すべてがあなたにとって「いい子」ではないかもしれません。

「なに、この子!」って思う子どももいるかもしれません。

 

でもね、「この子のおかげで…」って、一度つぶやいてみてください。

人と人は引き寄せられるようにできています。

その子があなたのクラスにいるのは、あなたに必要だからです。

その子の存在が、あなたをさらなる高みに引き上げてくれるのです。

 

いろんな子どもたちと出会ってきました。

 

日本語が話せない外国籍の子。

肢体不自由の子。

ADHDや自閉症スペクトラムの診断を受けている子。

タバコ吸っちゃう子、万引きしちゃう子、暴走族に入っちゃう子。

本当にいろんな子どもたちと過ごさせていただきました。

その一人ひとりが、僕を育ててくれたのだと思っています。

 

出会わない方がよかった子なんて一人もいません。

すべての子どもたちのおかげで、今がある。

 

出会いに感謝の毎日です。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 「この子のおかげで…」とつぶやいてみる。