『怒り』をマネージメントしましょう


『怒り』は知恵の息詰まり~アンガーマネージメント~

あなたは、一日にどれくらいイライラすることがありますか?

先日、この『怒り』をマネージメントする方法を学んできましたのでお伝えします。

 

私たちは腹が立つと反射的に怒りを表現してしまいます。

たとえば、だれかと身体がぶつかったとします。

反射的に「お前、痛いなぁ!」と言ってしまうわけです。

 

では、その『怒り』が静まるのに必要な時間はどれぐらいでしょうか。

 

たったの6秒なのだそうです。

ですから、『怒り』を感じたら、まず「6」を数えてみましょう。

 

それから、私たちの『怒り』の導火線は、「こうあるべき」という「自分の中の常識」から生まれるそうです。

この「こうあるべき」には、「このぐらいまでは許せる」という許容範囲があります。

この許容範囲を機嫌によ って変えないようにすることが大事なのだそうです。

今日は機嫌が悪いから許せない、今日は機嫌がいいから許せる、というように基準がブレると、周囲から「付き合いづらい相手」と認識されてしまいます。

 

それでは、1つワークをしましょう。

ここ1週間で、あなたがイライラしたこと、腹が立ったことをすべて書き出してみましょう。

 

そして、それぞれに10点満点で点数を付けていきます。

 

「一生許さない!うおぉぉぉっ!」 って怒りが10点。「ちょっとイラっとした」が1点。

このワークをすると、自分の怒りの傾向が見えてくるそうですよ。

 

イライラしている人は幼く見えるという話もあります。

怒りっぽい人は、自分の怒り(アンガー)をマネージメントする方法を知ることで、友だちとも良い関係が築けますし、健康的な心で暮らしていけるのではないでし ょうか。

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。