ネットの空気に違和感。世界で戦う日本人


サッカーのワールドカップが開幕して1週間が過ぎました。

寝不足の人もいるかもしれません。

 

さて、開幕戦のブラジル対クロアチア戦を閉じかけた瞳で見ていると、主審は日本人の西村さん。

 

思わず「おぉ…開幕戦の笛を日本人が吹く時代が来るとは…」と感慨にふけりました。

ネイマールなど世界を代表する選手に囲まれながら、臆することなく毅然とした態度でゲームをコントロールしていました。

 

問題の場面は後半。

ゴール前でクロアチアの選手がブラジルの選手を倒してしまい、西村さんはPKを指しながら、タッチラインへ走りました。

駆け寄るクロアチアの選手たち。

8万人のブラジル人サポーターは大熱狂。

 

私は「難しい判断をよく決断したな。」とただただ感心しました。

 

私も中学生の大会では、よく主審をやりましたが、PKの判定というのはとても難しいものです。

一点で試合が決まってしまうこともあるスポーツです。

子どもたちの3年間が、その判定で決まってしまうこともあると考えると、本当に迷うこともあります。

 

しかし、私の感じたものとネットの空気は違いました。

「誤審だ!誤審だ!」と騒ぐ人、「試合を台無しにした」 と嘆く人…。

そして、それを煽る(あおる)空気。

 

世界中が注目する舞台で活躍し、自分よりも体の大きな外国人に囲まれても、毅然とした態度で自分のジャッ ジを伝える姿は、同じ日本人として誇らしい姿でした。

 

私たちも本田も香川も西村さんも、みんな同じ世界で戦う国際人です。

温かく応援したいと思います。

 

それにしても、8万人が注視するスタジアムの中心で、落ち着いてPKを決めたネイマールはさすがでした。

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。