お母さんとお父さんに感謝できる子を育てる

親への感謝

育児放棄の現場から

ある男の子の物語です。



『入学式』

それはだれにとっても清々しい新たなスタートの日です。

しかし、その場にいることのできない子がいました。

 

その日の午後、担任の先生が訪ねていくと、扉が静かに開きました。

薄暗い部屋から一人の男の子が顔を出しました。

 

聞けば、「お母さんはお小遣いに1000円 を置いて、出ていってしまった」と言います。

いつからいないのか尋ねてもハッキリしません。

どうやら1ヶ月近く一人で過ごしてきたようなのです。

 

「たった1000円…」

食事はどうしていたのか、さらに尋ねました。

近所の仲間が差し入れてくれたものを食べてきたようなのです。

なぜ、そのような状態で保護されたなかったのか。

 

彼は、外国籍の子どもだったのです。

父親はわかりませんし、母親もちゃんとビザがあったのかさえわかりません。

ですから、そういった外国人のコミュニティーが助けてくれていたようなのです。

 

「制服がないから学校には行けない」と言います。

担任の先生は、卒業生に連絡を取り、中学生のときの制服を借りてきました。

その制服を渡し、彼は翌日、1日遅れで彼の学校生活は始まりました。

 

さらに、学校の先生や児童相談所の働きかけにより、児童養護施設に入ることもできました。

 

母国語をもたない子どもの言葉

日本でずっと暮らしていたのに日本語が上手に話せなかった彼は、先生たちの勧めもあり『日本語教室』に通い始めます。

 

しかし、その子には大きな問題がありました。

学校に行かせてもらえず、母親から声もかけてもらえなかった彼は、母国語を持っていなかったのです。

 

日本では、国籍を問わず、子どもたちは学校に通うことができます。

日本語がまったく話せない子も、公立中学校は受け入れます。

 

彼は、それでようやく言葉を覚えはじめたのでした。

ただし、それは彼が聞き取ることができた日本語のみ、それも小学生の使う限られた語彙を感覚で覚えていったのでした。

 

日本語教室の先生はおっしゃいました。

「何語であっても構わないけれど、語学の習得には母国語が必要です。しかし、彼には母国語がありません。たとえば『優しい』という言葉を教えたくても、その言葉に当たる母国語をもっていないため、言葉の意味が理解できません」とのことでした。

 

「悲しい」の意味は、悲しいことが起きたとき、それを「悲しいね」と言ってくれる人がいたから、わかるのです。

「愛」の意味は、愛されたことのない子には、わからないのです。

 

 

思春期の子どもたちに伝えたいこと

さて、話題を変えます。

 

子どもたちとの交換ノート。

その中に「お母さんに叱られてばかりだ。私の気持ちなんてちっともわかってくれない」 という記述をよく目にします。

 

「私の気持ちなんて」と考えることは思春期ではよくあることです。

思春期の子どもの中には「まだまだ子どもの自分」 と「大人になりたい自分」が同居しています。

保護者に「依存」した状態から、少しずつ「自立」していくのが 思春期です。

 

だから、その過程でお家の人とぶつかる。

それは、健全に成長している証です。

 

「まだまだ子どもの自分」に声をかけてくれるお母さんの言葉を「大人になりたい自分」が反発しているんですね。

 

でもね、忘れないでほしいの。

あなたが今、言葉を話すことができるのは、あなたにご両親がたくさんの言葉のシャワーをかけたからなんだ。

 

深い『愛』を受けてきたから『愛』の意味がわかるのです。

叱ってくれる人がいるだけありがたいことです。

 

そういうことを、きちんと発信していくことが大切です。

 

保護者を応援する。

応援するから応援していただけると、僕は考えています。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 保護者が感謝できる子を育てると、保護者に応援していただける。