イライラしながら伝えると…

思春期 親子関係

叱ってる?怒ってる?

子どもたちは叱られたとき、「怒られた」と表現します。

僕は最初、子どもたちの語彙が不足していると感じました。

 

全然怒ってなんかいないのにな。

でも、子どもたちは「怒られた」と表現します。

 

それはなぜでしょうか。

 

 

ある日のこと、他の先生が廊下で生徒を呼んで叱っています。

いや、怒っています。

子どもはシュンとしています。

 

あとで、その先生に尋ねました。

「ねえねえ、何を怒ってたの?」

「いや、怒ってはいないんですけどね。注意してただけです。でも、なかなか理解しなくて。イライラしますよね」

 

その言葉を聞いて、合点がいきました。

大人は注意しているつもりでも、子どもには怒りだけが表現されてしまう。

言葉より先に届くものがあるのですね。

それは感情です。

 

「イライラ」という感情だけが届く。

だから、「怒られた」と子どもたちは表現します。

 

 

子どもの方が大人だぜ!

試しに、子どもに尋ねました。

「ねえねえ、何を叱られてたの?」

 

「えっ!よくわからないけど。先生、怒ってました」

 

全然、伝わってないじゃん!

 

相手が理解してくれないとイライラする。

そのイライラだけが届く。

なんか怒ってたな〜で終わってしまう。

 

思春期になるとね、「親に怒られた〜」って素直に話をしてくる子も多いんですよね。

「なんで、怒られた?」

「うーん…、最近仕事も忙しいし、イライラしてたんだと思う」

「そうか…。大変だな…」

 

思春期ともなると、子どもたちは敏感に感じ取ることができるんです。

感情は先に届いてしまうのです。

 

子どもたちの方がね、親の気持ちを先回りして、気を遣っている。

そんなことは、よくあるんですね。

思春期の子どもたちって、大人ですよ。

 

怒っている人の話を聞くのは苦痛です

そして、怒ってる人の話を聞くことほど苦痛なことはありません。

 

では、子どもたちはどのようにして防衛するか。

 

わかったフリをします。

反省した態度を見せます。

なぜって、早く終わってほしいんだもん。

 

嘘をつく子もいますね。

なぜ、嘘をつくのか。

だれが嘘をつかせているのか。

考えてみると、いいかもしれませんね。

 

すべては、怒っている人の話をさっさと終わらせる手段かもしれません。

 

だからね、子どもの言葉にちゃんと耳を傾けるんですね。

 

「先生、怒ってたよ」

「お母さん、怒ってたよ」

 

それはもうね、完全に怒りしか伝わってませんから。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どんな感情で子どもたちに声をかけますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)  

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。