大胆に失敗させようよ♪

子どもの失敗 許す

本物の成功体験とは?

成功から学ぶ。

失敗から学ぶ。

どちらも大切な経験です。

 

ところが、親としてはできるだけ失敗はさせたくないものです。

失敗しないように、失敗しないように。

先回りして、先回りして。

「あ〜しなさい」「こ〜しなさい」と言ってしまいます。

 

もちろん言われた通りにやっているのだから、成功しますよね。

でも、それって本当に成功体験と呼べるのでしょうか。

 

失敗する。

その失敗から学ぶ。

それで、次は成功する。

それが本当の成功体験じゃないかなって思うのです。

 

失敗からの成功が強い子を育てるの

こういう経験を積むとね、だるまさんみたいな子に育ちます。

失敗してもあきらめない!

七転び八起きの人。

つまづいてもつまづいても立ち上がる。

 

失敗から学ぶのは、一番大切な成功法則なの。

 

うまくいかないとき、やり方を変えて続けてみる。

今のやり方に固執することなく。

また、すぐにあきらめるのではなく。

 

創意工夫と粘り強さ。

それこそが生きる力。

世の中を生き抜く力。

 

アドバイスをしない。

僕がワークショップの中でお伝えしていることの一つに「アドバイスをしない」というのがあります。

 

「アドバイスをしない」

 

これね、親としては苦しいのです。

困ってる我が子。

このままのやり方じゃ失敗するとわかっている。

そんなとき、親としてはついついアドバイスをしてしまう。

子どもが求めてもいないのに、アドバイスをしてしまう。

 

そのことが、子どもの成長の大切なチャンスを奪ってしまうことになるかもしれないから。

グ〜っと我慢。

アドバイスしたい自分を受け止めてあげる。

信じて手放す。

 

この子はこの子の力ではい上がる。

そういう力がちゃんとある。

そのことを信じて、ただただ見守る。

そんな在り方が大事なの。

 

失敗させてあげようよ。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どんな失敗を、笑い飛ばしますか

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。