反抗期でお困りのお母さんに寄り添う

反抗期 中学生

「子ども」から「大人」に変わるのが思春期です。

「中学生になって、急に扱いにくくなりました!」

というお話をよく耳にします。

 

「扱いにくい」

「扱いやすい」

これは、何を意味しているのでしょうか。

 

中学生は、まさに大人の階段の途中です。

 

小学生のころは、あんなに可愛かったのに。

多少反抗したって、お父さんお母さんの方が圧倒的に身体も大きい。

叱られて泣きべそかいて終わる。

 

そう、あのころはあんなにかわいかった。

話のわかる子どもだったのに。

 

中学生も2・3年生になると、お母さんの背丈を超えてしまう子も多くいます。

 

髭を剃るようになる。

急に声が低くなる。

なんだか体臭がお父さんに似てきたわ。

 

そうやって子どもから大人に変わるのが「思春期」。

「思春期」の訪れは、反抗期開始のゴング。

 

 

反抗期に悩むお母さんに伝えたいこと

 

男の子の場合、反抗といっても、口数が減るという、なんともモヤモヤした反抗の仕方だったりします。

安心してください。

どこの家庭も同じようなものです。

 

それで、子どもが反抗期を迎えたお母さんには、こんなお話をしています。

 

「身体も心も成長してくれば、反抗期はやってくるものですよ。普通です」

 

「お子様が子どもから大人になろうともがいている。精一杯翼を広げて、社会に飛び立つ準備をしている」

 

「素晴らしいことですね」

 

思春期を迎えた子どもは、何かしら変化します。

 

蝶が蛹から成虫へと変わり、美しく羽を広げて飛び立つように、子どもたちも大人に変わっていくのです。

 

反抗期が来たら、喜んでいいと思うのです。

 

「反抗期」ってなんだろう

 

この反抗期とやら、

中学生の子どもたちを見ていると思うのです。

反抗しているわけではないように感じるんです。

 

僕も子どものころ、別に親に「反抗しよう」とは思いませんでした。

ただ、いちいち干渉してくることが面倒臭いなって思っていました。

それが「自我」かなって思います。

 

みんな、そんなものじゃないですか?

 

ちなみに、干渉が過ぎて爆発した子どもを、僕は何人も見てきました。

 

子どもから大人に変わる。

親にとってコントロールできる相手であった子どもが、自分の意志をもった存在として、大人になったのです。

 

それが大人にとっては、「反抗的」と映るような気がしてなりません。

 

だから、「反抗」と映ったら、それはもう「大人」になろうとしているところだと思います。

なんてうれしいことでしょうか。

喜んでいいんですよ、お母さん。

 

一方で、中3になっても「ママがいいって言ったから、この学校を受験します」と言う男の子もいます。

「ウチの子は、私がいないと何にもできないんです」と、うれしそうに話してくれるお母さんがいます。

 

その方が、心配だなって思うのです。

もちろん、そんなことは言いませんが。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 子どもの成長に寄り添い、お母さんを精一杯応援する。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。