頼みごとを断らない人にチャンスはやってくる

教師の働き方

20代の過ごし方で、ハッピーは加速する

20代のころは、一番時間に自由があります。

結婚し子どもができ子どもが育ちと、人生の大きな節目がやってくる30代になると、時間の自由が少しずつ少なくなってきます。

 

ですから、よき30代を迎えるための20代の過ごし方って、すごく大切だと思います。

 

引き出しの中に、先生としてのアイテムを充実させていくこと。

勉強して勉強して、どんどん蓄えていくことって、もちろん大切。

 

だけど、それだけでは楽しくないんです。

どうせ一度の人生。

やるからには、思いっきり先生であることを楽しみたい。

 

楽しむためにチャンスが必要。

チャンスをつかむために心がけたのは、こんなことでした。

 

「断らない人」のもとへ成長のチャンスはやってくる

 

なかなかチャンスがやってこないという人がいます。

ちょっとだけ考え方を変えるといいと思うのです。

 

どうしたらチャンスはやってくるでしょうか。

それは、

「この人にチャンスをあげよう!」と思ってもらえる人になることです。

 

僕は20代のころ、「頼まれたら断らない」をモットーにしていました。

 

頼まれた仕事は「断らない」。

誘われた会は「断らない」。

 

そうやって新しい世界に踏み出すチャンスが来たら、全部引き受けてしまいました。

 

全部引き受けても、なんとかなってしまうのは体力も時間も十分にある20代の特権だと思います。

 

研究会に誘われました。

断りませんでした。

 

研究論文を書かないか、と言われました。

断りませんでした。

 

組合の青年部長をやらないか、と言われました。

断りませんでした。

 

夜間中学校の講師をやらないか、と言われました。

断りませんでした。

 

海外に行ってみないか、と言われました。

断りませんでした。

 

校外の研修、セミナーも誘われれば断りませんでした。

そのほか、あらゆることに対して、僕は断ることをしませんでした。

 

生徒指導主事をやってほしい。

学年主任をやってほしい。

この行事を企画してほしい。

 

どんな依頼でも、ホイホイ請け負う人間でした。

そして、請け負ったことは、期待の2割増しでお返ししていました。

期待値の2割増しの仕事でお返しをする

 

だから、「だれに頼もうか」と悩んでいるとき、「じゃあ、アイツに声をかけようか」と思ってもらえるようになりました。

チャンスがどんどん舞い込んでくるようになったのです。

 

自分に頼んでくれたことに感謝をする

30代も後半に差し掛かると、仕事をお願いする場面が増えてきます。

お願いをしたときの表情を僕はついつい見てしまいます。

 

忙しいのはお互いさま。

みんな、驚くほど忙しい。

それは重々承知のうえで、それでもお願いしなければならない仕事があります。

 

そんなとき、

笑顔で「がんばります!」という先生。

 

そんなとき、

不機嫌そうに「やらなきゃダメですか?」という先生。

 

あなたはどちらにチャンスを渡したいですか?

 

僕は仕事を頼まれたとき、「自分を選んでくれてありがとう」と心から感謝します。

たくさんいる中から、自分を選んでくれたのです。

それはとてもありがたいことです。

 

そうやって仕事をしていると、いろんなチャンスは向こうからやってきます。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 20代は時間も体力も充実しているから、なんでも喜んでやってみる。

 

 

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。