保護者に子どもの姿は褒められたら

保護者対応 学校

子どもが素晴らしいのは、だれのおかげか

ありがたいことに、「ハッピーな先生」のマインドを手に入れてから、毎年毎年素晴らしい学級に恵まれています。

 

さらにいえば、ここ数年どの教室に行っても授業はやりやすいですし、素敵な保護者にしか出会うことがありません。

 

なにが変わったのでしょうか。

 

ひと昔前の僕は、不平不満ばかり言っている人間でした。

「あの子が悪い」

「あの保護者が悪い」

 

そんなマインドでいたとき、教室をハッピーな場所にすることはできませんでした。

 

とにかく今は、子どもたちとの出会いに感謝しています。

嘘のような話ですが、ホントにそれだけ。

たったそれだけで教室は変わります。

 

保護者への感謝が教室を変えます

先日、ある保護者がウチの若い先生にお手紙をくださいました。

その手紙には、担任の先生に対する感謝が綴られていました。

 

一緒に手紙を読みながら、僕まで幸せになる。

そんなお手紙でした。

 

それでね、「先生が心がけていることってなに?」って尋ねたんです。

その先生が語った言葉が、さらに素敵でした。

 

「お母さんに感謝したんです。

 お母さん、がんばってるな〜、大変だな〜。

 私なんて、独身で子どももいなくて、でも生活は大変で。

 でも、お母さんは仕事して、子育てして、すごいなぁ〜って。

 感謝しました。

 それから、お母さんの姿から人生を学ぼうと思いました」

 

彼女の感謝は、確実にお母さんにも届いているはずです。

 

素敵な子どもたちに出会わせてくれたお父さんとお母さんに感謝する

先日も、PTA会長のお父さんから褒めていただきました。

「先生、学年の合唱素敵でしたね」

 

ホントにありがたいことです。

「子どもたちが素晴らしかったんです。僕らはなにもしていません」

 

これが、僕の素直な気持ちでした。

素晴らしい子どもたちに出会わせていただいた感謝を伝える。

 

もしも保護者に感謝していただいたら、感謝をお返ししてみてください。

学校は、もっとハッピーな場所に変わるはずです。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

保護者への心からの感謝が、教室をハッピーな場所にする。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。