価値を上げるものに、お金と時間は投資する。

自己投資

ある投資家の方のお話

ある投資家の方からお話を伺う機会がありました。

「どういう基準でお金を使いますか?」という質問をしたときのことです。

 

お金を持っている人のところには、どんどん情報がやってきます。

売り込みもたくさんあるわけです。

そんな中で、どういう基準でお金を使っていくのか。

とても興味がありました。

 

「あのね、10万円以上の買い物をしたら、すぐにYahooのオークションを見てみるといいよ」

 

そんなお話をされました。

 

大金を払って手に入れた物は、お金を支払った瞬間、新品から中古品に変わります。

新車で購入した自家用車も、翌日には中古車です。

すぐに下取りに出しても、買い取り金額は支払った金額からかなり減らされているはずです。

 

「つまりね、物を買うってことはさ、買った瞬間に価値の下がる物にお金を払ってるわけね」

 

そうおっしゃるわけです。

 

じゃあ、その投資家の方は、どういうものにお金をかけていたのでしょうか?

それは、購入した瞬間から価値の上がるもの

もしくは、自分の努力次第で価値を上げることができるもの。

 

それらに、お金を投資していたのです。

いや、お金だけではありません。

時間も投資していたのです。

 

お金と時間を投資したら、価値が上がるもの

もしくは、努力次第で価値を上げることが可能なもの。

それは、どんなものでしょうか?

 

 答えはコチラ→価値の上がるものは?

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

 あなたの価値を高めるために、時間とお金を何に投資しますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。