まず始めてみて、アップデートする

自己投資  教育

新しいものを始めるときに躊躇したときは

お金と時間を投資して自分の価値を高めていくことって、とっても大切です。

 

だけど…、せっかく自己投資をしてもね、こんな「言い訳」を口にしてしまう人は多くいます。

「ウチのクラスじゃ無理だな」

「あの先生は特別だな」

 

 

どんどん生まれてくるのは、「できない理由」です。

 

時間もお金も投資しても、それを実践に移さなければ、それは『浪費』

 

 

学んだことはまずやってみるんですね。

これが正解なんです。

 

ところが、やはり十分な準備ができていないと、新しいことを始めるのに躊躇してしまいます。

 

でも、知っておいてください。

完璧な準備が整うのを待っていたら、いつまで経っても何も始まりません。

 

大切なのは、まず始めること。

そして、トライ&エラーを繰り返すこと。

PDCAのサイクルをできるだけ早く回転させて改善していくのです。

 

完璧でなくてもいいの♪アップデートしていくの♪

ところで、あなたはWindows派ですか?それともMac派ですか?

 

以前、WindowsのOSも、MacのOSも、実はある意味では不良品として販売されているという話を聞いたことがあります。

 

どういうことでしょうか?

 

OSって販売時は未完成なのです 。

販売してから、いろんな不具合が見つかるわけです。

それで修正プログラムが送られてきます。

不具合があること前提で販売しているし、購入しているわけです。

 

定期的にアップデートが行われ、日々進化しているのです。

ある意味では、永遠に完成しないわけです。

 

一方、学校教育では愚直なまでに同じやり方に固執しているところがあります。

「こうでなければならない」に執着し依存する。

 

進化できなかったものは淘汰されるのが世の常なわけ。

子どもたちを取り巻く環境は刻一刻と変化しています。

 

進化するためには、まず何かを始めることです。

何かを始めてみて、改善していくのがいい!

自分をアップデートするために、まず何かを始めてみるのですね。

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

 やりながらアップデートしていけることは何ですか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。