◯◯がないと、子どもに声は届かないよ♪

子ども 関係

子どもと人間関係をつくるには…。

 

心に訴えられるようにと…まず信頼関係を…と、授業でしんどかった生徒と休み時間に話したりしています。

個人的に話をして私の思いを伝えたい!(なぜ授業中はお喋りしてはいけないか分かって欲しいなど)と思って、授業中一番気になった生徒を呼んで話していました。

周囲のこと、将来のこと…話をしますが全く通じません。

右から左という感じです。

信頼関係の作り方って、悩みどころかも。

で、信頼関係ってね、「先生らしく」振る舞ってるうちは、できないんだよね。

そこに気づいた人から、子どもたちとむちゃくちゃいい関係を築いていってる。

 

「オレは先生、お前は生徒」

そういうの、手放した方がいい。

そこにいるのは、「人間と人間」。

どこまでも対等な間柄なのだ。

 

「言って聞かせる」より「耳を傾ける」

人間関係をつくるために大事なのは「話をすること」じゃないんです。

どうも学校の先生ってのは、「学校の先生」らしく振る舞うことを好みます。

で、よくね、「言って聞かせます」みたいなことを言う先生がいます。

お説教、好きなんですね。

 

僕は嫌いです。

するのも、されるのも。

そもそもね、「先生の想い」なんて、どーでもいいのだよ。

信頼関係のない人が、どう考えていたって、どーでもいいでしょ?

だってさ、世話にもなってない相手にさ、「オレはお前のことを考えて言ってんだよ」とか言われても困るでしょ?

 

まして、子どもたちにとってはね。

「この先生、信頼できるわ〜」って思ってもらえなきゃ、心に響かないんだから。

そんなの大人も子どもも同じです。

 

いいですか?

 人間の興味は常に「自分」です。

「私の想いがわかってほしい」っていう先生の気持ちもそうなんだよね?

みんな自分のことをわかってほしいの。

愛されたいの。

だけどね、自分の気持ちばかり押し付けられたらさ、それこそしんどいの。

 

これはエゴか?

まず、自分に問いかける。

「これはエゴか?」ってね。

 

これ、本当にこの子のために言ってるの?

自分のために言ってない?

「この子のため」とか言いながら、「自分のため」になってない?

指導してる自分を見せたいだけじゃない?

保護者や管理職に突っ込まれてもいいように声かけてるんじゃないの?

それ、魂の志事かい?

…ってね、いつもいつも問いかけてる。

時折、僕の中のエゴが顔を出すんだ。

嫌われたくない自分、いい人って思われたい自分。

そんなエゴに気がついてあげるのが、生徒指導のスタートラインだったりする。

 

すべては信頼!

信頼がない、子どもに声は届かないよ♪

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どんな自分なら、この子は信頼してくれるだろう?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。) 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。