みんな違っていいんだよう♪

発達障害 先生

発達障害の子どもが

教室にいたとしても困らない。

全然困らない。

 

それはなぜでしょうか。

 

 

配慮を要するっていうと、

すぐその子に支援することばかり

考えちゃうんだな。

 

 

違うのよ。

働きかけるのは、周囲の子どもなの。

周囲の子どもに働きかけるんだよ。

 

まずさ、

ちゃんと「みんな違ってみんないい」って文化が

つくれてることが大事なの。

 

 

まあ、多くの先生が「みんな同じ」を好んじゃうからね。

その在り方が問われてるんだと思うよ。

 

 

 

「みんな同じ」を求めたら、

発達障害をもった子は苦しい。

いや、違うな。

みんな苦しいんだって。

 

 

これはもうね、

絶対的に苦しいの。

 

で、

僕はそれを求めないわけね。

「みんな同じ」なんて、

逆に気持ち悪いし。

 

 

たとえばね、

床で寝てしまう子がいたとしますよね。

 

「またあの子、床で寝てる。

 先生なんで注意しないんですか?」

 

なんて言われるわけ。

 

「あの子、間違ってる!」

「注意しない先生も間違ってる!」

ってノリです。

 

 

そういう恐れから、

子どもを叱ってしまう先生もいるわけで。

 

「なに、寝てるんだ!起きなさい!」

って。

 

 

でね、そんなとき僕は尋ねる。

その子に尋ねるんです。

 

「で、お前は寝たいの?」

「えっ?」

「いや、だからさ、お前は寝たいの?」

「寝たくないです」

「あいつは寝たいんだわ」

「はぁ…」

「それでよくない?」

「え…」

「あいつは寝たいし、お前は寝たくないわけな」

「はい」

「二人は違うわけな」

「はぁ…」

「それでよくない?」

 

一事が万事そんなふうなので、

「みんな違ってみんないい」は

学級の文化になります。

 

間違えてはいけないのは、

その子の選択を認めますが、

その責任を負うのは本人です。

 

 

当然、

床で寝てれば、

成績は下がります。

それは本人の抱えているものです。

本人が選んでいるんです。

 

でもね、

周囲の子どもたちがその子を責めるのは、

おかしいわけです。

 

あなたはあなただし、

僕は僕なので。

 

 

で、そういうことを

僕がブレないってのが大事なわけです。

 

 

みんなに迷惑をかけてないならいいよ、と。

君が床で寝てても、

迷惑ではないから。

 

 

騒ぐわけでもなく、

音を立てるわけでもなく。

ゴロゴロしている。

 

 

勝手に迷惑だと思ってる子はいますよ。

でも、本当に迷惑?って思うのです。

それは「感情」の問題です。

 

 

勝手に「迷惑」だと思ってるだけです。

勝手に「間違ってる」と思ってるだけです。

 

 

それぞれの感情については理解をしたうえで、

一人ひとりと向き合うんですね。

「あなたはどうしたいの?」ってね。

 

 

その子のその子らしさを認めるんです。

 

 

まあ、

こんなことを書くと、

「そんなの無理」

「じゃあこんな場合はどうするんですか?」

質問が飛んでくるわけですが。

 

そんなことは知りません。

 

 

少なくとも、

僕はいつもそうやってきました。

 

これまで発達障害の子だから、

学級が困るなんてことは

一度もないわけです。

 

というか、

不良少年も、

勉強の苦手な子も、

みんな同じです。

 

その子の選択を応援する。

ただそれだけです。

 

 

これが僕の一次情報です。

反論とかいりませんので。

 

 

そうそう、

以前スクールカウンセラーの先生の先生

みたいな方とお話したんですね。

 

「普通の先生だと

 あれぐらいの生徒がいると

 困られる先生が多いと思いますよ。

 

 ですが、

 先生みたいなスタンスで

 子どもと接していると

 問題がなくなるということが

 よくわかりました」

 

なんて言われたの。

別にうれしくはないです。

普通のことだから。

コントロールしようとしなければ、

収まるところに収まるわけです。

 

でもね、

先生ってさ、

子どもをコントロールしたいもんね。

 

その気持ちを手放せたら、

むちゃくちゃ簡単なのにな。

 

先生の在り方が変わったら、

子どもたちは生きやすくなるんだよな。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

その子のその子らしさを応援するだけでいい。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。