悪い子なんていないのだ!

不登校 学校に行きたくない

 

他人と同じであることは素晴らしいことだろうか。

そう問われれば、多くの人が首を横に振る。

 

 

「個性がない」

「隣に倣えじゃつまらない」

と人は言う。

 

 

でも、同じであると安心するんだ。

人と違うと不安になるんだ。

 

 

だから、空気を読む。

空気を読むってよりは顔色を伺う方が近いかもしれない。

 

 

間違えないように、正解を探し出す。

自分が異物として検知されないように。

全体の一部になれるように努力する。

 

 

で、そんな空気感があるから。

いじめられっ子はいつだっていじめられっ子。

異物として検出されてしまう。

どうしても集団のフィルターの中で検出されてしまう。

 

 

そこで僕ら教師はその子を守る。

孤立しないように思案する。

できるだけ守られるような集団を考える。

いじめっ子を排除しようとする。

 

 

ところが、それはなかなかうまくいかない。

集団の中では、次なるいじめっ子が生成されていく。

 

 

だから、プロの教師は集団の空気を整えることから始める。

いじめが起きない土壌を育てる。

 

 

ところがアホ教員はそれができない。

 

 

いじめっ子を怒鳴り散らす

いじめられっ子に、君にも「原因がある」と言う

それがさらなるいじめを生む。

 

 

教室の空気を見ればわかる。

淀んでいる。

うまくいってない学級で、一目でわかるのさ。

 

教室に悪い子なんていないのさ

「子どもが悪い」って思考からスタートするからうまくいかない。

いや、それは逃げだな。

教師が子どもと向き合うことが逃げてるんだ。

 

 

いいかい?

「子どもが悪い」と考えると、子どもを変えようとしてしまう

ところが、変えられるのは自分だけ

子どもは絶対変わらないから。

教室がクソつまんないものになるのさ。

 

 

考え方を変えなきゃいけない。

そうそう、変えられるのは自分だけだから。

自分の考え方を変えるのなら、この瞬間からできる

 

 

「教室に悪い子はいない」

 

 

そう考えれば、どうだろう?

今の自分にできることは何かを考えていけると思うんだよね。

等身大の自分。

今の自分の力量でできることを精一杯やる。

背伸びせず、他と比べず、今の自分にできることだよ。

 

 

その発想は、「教室に悪い子はいない」という前提があるから生まれるんだ。

 

 

うまくいったら子どものおかげ。

うまくいかなきゃ工夫の余地あり。

そう思って毎日を過ごしてきた。

 

 

教室に悪い子なんていない。

その前提で物事を考えるから工夫が生まれる。

工夫をしないと教室は苦しいままになる。

簡単な話だよ。

 

 

今ある現実を変えられるのは、あなただけなのさ。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

あなたの教室に悪い子なんていないのだよ。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。