「最後までやり抜くこと」は偉いのか?

有刺鉄線の向こう側の少年

途中で投げ出すんじゃないぞ!

 

簡単に辞めたらな、

なんでも途中で投げ出す人間になるぞ!

 

 

最後までやり抜くんだ!

 

 

逃げるな!

 

いいか?

辛くても逃げるな!

 

 

先生はお前のために言ってるんだ〜〜っ!

 

 

…と指導した結果、

今、日本では過労死になるまで働く人が増え続けている。

ブラック企業で倒れるまで働く人が増え続けている。

うつ病になっても、薬を飲んでなお働き続ける人が増え続けている。

 

 

だから、思う。

そういった「昭和の教育」が、結果として「幸せではない大人」があふれた「平成」をつくっているんだよな。

 

 

教育は未来を創造する仕事だよ。

僕はずっとそう考えてきた。

 

 

若いころはやっぱ、僕も「昭和の指導」をしてきたよ。

なぜって?

僕らはそうやって教育されてきたから。

 

 

それがスタンダートだと思ってきた。

 

 

でも、子どもたちから教わったんだよな。

それ、違うんじゃね〜の?って。

 

 

がんばって、がんばって、学校に来て。

学校が嫌で嫌で仕方がなくて。

それでも、親が「行け!」と言うし。

先生は「来い!」と言うし。

 

 

夜は眠れなくて。

朝は起きれなくて。

学校に行こうと思うと、お腹が痛くなって。

 

 

そうやって、身体に変調を来たして、ようやく休むことができるようになる。

そうなって初めて、僕は「子どもの本当」を知ったんだ。

 

 

それからはね、「行きたくない」なら「行かない」がいいなって思うようになった。

いろんな子どもたちが教えてくれたよ。

 

 

ずっと不登校だったのに、保健室まで来れるようになった子がいた。

やがて、学級のお友達が保健室まで遊びに来るようになった。

 

 

彼が一言、こうつぶやいたんだ。

「僕、教室に行ってみようかな」って。

 

 

きっと、何年ぶりかの教室だった。

クラスメイトが保健室まで呼びにきてくれた。

 

 

彼は笑顔で応えた。

保健室の席を立とうとした。

  

 

だが、彼は立てなかった。

顔は笑顔のまま、でも泣き顔でね。

 

「先生、僕、行けないよ」って。

 

 

僕は一言、

「いいんだよ、そのままで」って答えたんだ。

 

 

投げ出してもいい。

逃げ出してもいい。

みんなと同じでなくたって構わない。

 

 

みんな違ってみんないい。

そうだろ?

だったら、「学校に行かない選択」だって有りだ!

 

 

いいかい?

学校に行って死んだ奴はいるけど、

学校に行かなくて死んだ奴はいないよ。

 

 

生きてるだけで100点満点だ。

俺はそう思うね。

 

 

人生は80年ぐらいしかないんだ。

嫌なことをやってる暇なんてないんだ。

 

 

僕はね、余生って言葉が大嫌い。

人生に余りなんてないぞ。

 

 

定年になったらやりたいこと?

その定年がやってこなかったらどうすんだ?

 

 

義父は定年から2ヶ月後に亡くなった。

きっとやりたいこと、いっぱいあったと思う。

 

 

だから、僕は「やりたいこと」は今やる。

やって後悔するのはいいが、やらずに後悔するのはイヤだ!

 

 

いいかい?

イヤなことをやってる暇なんてないんだよ。

 

 

時間は有限だからな。

いつか死ぬからな。

明日死神が来ても後悔しないように、今日を生きるんだよ。

 

 

だから、生きるために逃げてもいい。

生きるために休んでもいい。

俺はそう思うね。

 

 

魔法の質問

やりたいのにやらなかったことは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。