同じ年齢の子とうまく付き合えない。

同年齢と付き合えない

こんな相談がありました。

 

「年上の人や大人、小さな子なら仲良くできるんです。でも、同じ年齢の子どもとはうまく付き合えないんです」

 

僕は思います。

「それでいいんじゃないですか?」と。

 

なぜ同年齢で暮らしているの

人生の中でね、同じ年齢の子と仲良くしなきゃいけない時間なんてさ、学生時代だけでしょ?

 

なぜ同じ年齢の子を一つの学年にしてると思う?

そんなの答えはシンプルだよね。

 

指導しやすいからさ。

「発達段階に応じて」なんて言うけどさ。

発達のスピードなんて人それぞれです。

背丈も体重も人それぞれなんだから、理解の速度にだって差があって当たり前。

人それぞれでしょ?

でも、それ言っちゃうと指導しにくいよね。

 

だから、「この年齢になったら、これぐらいできなきゃ」って決めておいた方が大人にとって都合がいいじゃん?

4月生まれと3月生まれじゃ1年も差があるわけ。

でも、そこは考えないで、一つの枠に収めた方が都合がいいじゃん?

 

 

だって、比較しやすいもん。

どの子が優れていて、どの子が劣っているか、一目でわかるでしょ?

 

この「優れている」「劣っている」なんてのは、ジャッジね。

ある偏った一面を、大人が評価しているに過ぎないんだけど。

 

こんなの全部、大人の都合だよ。

大人の都合で、同じ年齢の子どもを一つの部屋に押し込めてる。

僕はその程度だと思ってる。

僕の個人的な意見だから反論とか要りません。

 

人生の大半は異年齢と生きるのだ

でもね、でもね。

人生の大半は、異年齢とともに生きるんだよ。

 

家庭でも会社でも社会でも、みんな異年齢さ。

 

たま〜に、同い年の人に出会うと、親近感が湧くよね。

それって、たまにだからじゃない?

 

言っとくけど、同じ年齢の人間より異年齢の人間の方が、世の中には圧倒的に多いんだよね。

 

だから、考え方を変えてみて。

 

「年上の人や大人、小さな子なら仲良くできるんです」

それって素晴らしいことだよ。

 

「同じ年齢の人としか仲良くできないんです」

 

この方が心配でしょ?

人生という視点で見ればね。

 

比べられる世界って辛いよね

この国の子育て学校を中心にして回っている。

学校に行かないことは悪いことだと信じられている。

友達はいっぱいいなきゃいけないと信じられている。

勉強はできなきゃいけないと信じられている。

 

もはや、これはある種の宗教だよな。

学校信仰

 

 

でもさ、そんなすごいもんじゃないよ、学校なんて。

 

 

 

同じ年齢の子を一つの教室に押し込めて、比べて比べて。

ジャッジして、ジャッジして。

「学校に行きたくない」って子どもは年々増えている。

そりゃそうだ。

 

 

まあ、会社を例にして考えるとわかりやすいよね。

毎日、同じ年齢の人が一つの部署で仕事するのね。

勤続年齢も同じ。

で、テストを繰り返すわけ。

仕事っぷりを比べるのさ。

そうだなぁ…、売り上げでもいいや。

 

「今日もAさんは素晴らしいね。100点満点の売り上げですよ。みんな見習いましょうね」

 

そんな感じで上司が毎朝、毎夕話すわけさ。

「同じ勤続年数なのに、こんな売り上げなんですか?これ、宿題です。家でも働いてきなさい」

なんてね。

 

勤続年数同じ人を一つの部署に集めたら、能力差が一目瞭然でしょ?

1点差、2点差の細かいところまでわかっちゃうの。

これ、ヤダよね。

 

まぁ、人ってついつい比較してしまうから。

自分自身も他人と比べてどうかって考えてしまうし。

 

自分は自分のままでいい。

 

学校で暮らしていると、そういうのってなかなか難しい。

どうしたって比較の中で生きることになっちゃうんだ。

 

存在を認めてくれる大人がいればそれでいい

いやぁ〜、辛いよね。

学校が辛いって子、いると思う。

いていいと思うよ。

 

「年上の人や大人、小さな子なら仲良くできるんです。でも、同じ年齢の子どもとはうまく付き合えないんです」

 

大丈夫!

そのままでいい。

大切なことはね、家族がさ、この子はこの子であるだけで素晴らしいということを知っていることさ。

信じられているから人は強くなれるの。

人間はつながりの中で生きているから。

 

 

何にも心配はいらないよ。

心配するから、あたかもそれが悪いことに見えてくるでしょ?

悪くない、悪くない。

 

それでいい。

そのままでいい。

何度も言うよ。

この子はこの子であるだけで素晴らしいんだよ。

 

子どもとつながる問いかけの魔法

今日もこの子が笑顔なら、それだけで最高。

 
 
 
くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。