子供と不毛な戦いをしないために

子供と戦わない

不毛な戦いをしてない?

学校の先生が女子生徒を捕まえる。

「スカートが短いぞ」と注意する。

 

それで、素直に応じてくれるならばいい。

問題は、応じてくれないときだ。

 

「何が短いの?」とか言ってくる。

「あの子の方が短いし!」とか言ってくる。

すると開戦。

教師にとって絶対負けられない戦いが始まる。

WBCであり、ワールドカップ最終予選なのです。

 

 

で、この戦いはとっても不毛なのだ。

まあ、最後は力づくで勝利する。

怒鳴って叱って勝利する。

 

 

残念だけど翌日、またスカートを短くしてくる。

それでまた、開戦。

いや、再戦。

 

こうなってくると、根比べ。

とってもとっても不毛なのだよ。

そのうえ、どんどん人間関係が悪くなる。

つながりが薄くなるほど、言葉は響かなくなる。

 

だが、一度抜いた刀は納めるのが難しい。

かくして、不毛な戦いは続いていく。

 

「学校に行かせたいのはだれだろう?」

一方、家庭でだって同じなのだよ。

 

「学校に行きたくない」と子どもが言う。

「学校に行きなさい」と親が言う。

すると開戦。

毎朝苦労して送り出すお母さんをたくさん見てきた。

 

その日は、なんとか送り出せても。

本質的には何も解決していないものだから、翌日も「学校に行きたくない」と言うのだ。

 

まさに、不毛な戦い。

どちらかが疲弊するまで続いていくのだ。

 

本来、学校ってのは子どもたちをハッピーにする場所。

それなのに、それなのに。

学校に「行く、行かない」で親子の関係が壊れていくのは、とてもとても悲しいことだよね。

 

 

「学校に行かせたい」という気持ちはどこから生まれたのだろう?

「行かせなければならない」

そんな恐れがどこかにないだろうか?

 

そんな恐れから、不毛な戦いが始まるのならば、それは悲しいことだと思うよ。

 

恐れを手放せたら、もっと親子のつながりは整うんだ。

ちょっとぐらい遠回りしたって大丈夫だよ。

この子はこの子であるだけで素晴らしいんだもの。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

その戦い、不毛じゃない?

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。