不登校の子どもの敵は学校ではない。


たとえば、たまねぎが嫌いな子どもがいたとします。

彼にとって一番やっかいな相手はだれでしょうか?

 

 

それはたまねぎではありません。

たまねぎを食べさせようとする大人です。

この人が一番やっかいな相手です。

 

 

「食べたくない!」と言ってんのに、「食べなさい」と言ってくる大人。

ハッキリ言ってウザいです。

 

 

ちなみに、僕はパクチーが嫌いです。

「おいしいのに〜♡」とか言ってくる人を見ると、「で?」って言いたくなります。

あれが食べ物だとは、全然思えません(笑)

 

 

もうひとつ、例を挙げます。

 

 

あなたがどうしても生理的に受け付けない男性がいるとします。

結婚相談所のお節介なおばさんが、やたらお見合いを勧めてきます。

どうしても生理的に受け付けないので、あなたはお見合いなどしたくありません。

それでも、それでも。

しつこくしつこく、お見合いを勧めてきます。

 

 

さすがは、お節介おばさんです♡

 

 

この場合、あなたにとって一番やっかいな相手は、その生理的に受け付けない男性ではありません。

やたらお見合いを勧めてくるおばさんが、一番やっかいです。

 

 

ここまで、ご理解いただけましたでしょうか?

 

 

さて、「学校に行かない選択」について考えたいと思います。

学校にどうしても行きたくない子どもがいます。

朝を迎えるとどうしてもお腹が痛くなるんです。 

 

 

たぶん、たまねぎよりも、生理的に受け付けない男性よりも、マジでムリ〜〜〜って感じなわけです。

そんな彼ら、彼女らにとって、一番やっかいな相手はだれでしょうか。

 

 

その子たちにとってやっかいな相手は学校ではありません。

「行きたくない」と言っているのに、無理やりそこに行かせようとする人たちの存在です。

 

 

「学校に行かないこと」を選択しているにも関わらず、その選択を真っ向から否定してくる存在。

かなりやっかいな相手です。

 

 

痩せたくないのに、ライザップに連れていこうとするんです。

マジ、ヤバいっす!

 

 

 

さて。

 

 

毎朝、子どもとバトルしているお母さんも多いでしょう。

そんなお母さんに、もう一つ例を出しましょう。

 

 

たまねぎが嫌いな子どもがいたとします。

たまねぎをなんとかして食べさせようとします。

だから、たまねぎを食べないことが問題になります。

 

 

でも、考えてみてください。

たまねぎなんて、食べなくたって生きていけます。

だから、「たまねぎは食べなくてもよい」と決めるだけで、その問題は解決します。

 

 

たまねぎをいろんな工夫で、食べられるようにする。

煮たり、炒めたり。

それも一つの選択です。

 

 

一方、食べないと決めるのもひとつの選択です。

 

 

話を学校に戻します。

毎朝バトルをするのも一つの選択です。

「たまねぎと学校は違うのよ!キ〜〜〜っ!」となるのも選択です。

 

 

一方で、「学校?行きたくね〜なら、行かなくてもいいんじゃね?」と考えるのもひとつの選択です。

って考えると、結局のところ、問題は子どもでも学校でもないことがわかります。

 

 

 

問題は、それを「問題だ!」と思っている人の中で起こっているのです。

 

 

大切なことは、子どもとどんな関係でいたいか。

やっかいな相手でいたいか、それともよき理解者でいたいか。

そういうことだと思うのです。

 

 

 

魔法の質問

子どもにとって、どんな存在でありたいですか?

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。